安全で快適なドライブを!Combi(コンビ)のチャイルドシートの魅力を紹介!

2020/04/17
安全で快適なドライブを!Combi(コンビ)のチャイルドシートの魅力を紹介!

赤ちゃんとの車での外出には、チャイルドシートが必須となっています。チャイルドシートはさまざまなメーカーから販売されていますが、そのメーカーごとに特徴が異なります。大切な赤ちゃんを事故から守るチャイルドシートは厳選して選びたいですよね。この記事では、ベビー用品の老舗コンビのチャイルドシートの魅力や特徴、そして口コミについても紹介していきます。
最終更新日:2021年1月21日

目次

コンビの概要と歴史

コンビ株式会社は、東京都台東区に本社を構えるベビー用品の総合メーカーです。
ベビー用品や乳幼児玩具などの開発や製造、販売をおこなっています。
コンビ株式会社は1957年に設立され、1961年にはミマツ化学株式会社を吸収合併し「コンビ」の商標で哺乳瓶や食器、おまるの製造を始めました。
1968年にコンビ株式会社へと称号を変更し、ベビーラックの製造や販売を始めています。
1989年にはアメリカのシカゴに「Combi INTERNATIONAL CORP.」を設立し、それからも海外各地へと進出し事業を拡大してきました。
現在ではベビー用品をはじめ、アパレルなどさまざまな分野に参入しています。

コンビは創業以来、子育てが楽しくなるような先進的な商品開発をすすめている会社です。
大切な赤ちゃんに安心して使うことができるよう、厳しい品質管理を徹底し、育児の専門家集団による研究や開発をおこなっています。

コンビの特徴は?

コンビの特徴は、赤ちゃんや子育てをする人の視点に立ち、ママを支えるもうひとつの手となるような商品やサービスを展開していることです。
「豊かで夢のある生活文化を創造」「人々の暖かい触れ合いの場を世界に拡げる」という企業理念のもと、子育てをする全ての人が幸せな育児生活を送れるように支援しています。
現在のコンビ株式会社という社名は、「ママと赤ちゃんのコンビを応援する企業でありたい」という願いからつけられました。
ママと赤ちゃんだけでなく、子育てをする人のために今までになかった製品やサービスを送り出すという決意が込められています。
また、幸せで暖かなふれあいの場を作るために役立つ商品をさらに開発し提供しているのです。

コンビブランドはビジョン・ミッション・バリューという3つの土台を通じ、子育てをする人のための幸せな育児生活を支援しています。
コンビのブランドビジョンは、「赤ちゃんを育てることが、楽しく幸せだと思える社会」。
これがコンビブランドが目指す将来像です。
そのビジョンを実現するために掲げているのが、「育児を、みんなのものへ」というブランドミッション。
コンビは赤ちゃんのまわりにいるすべての人が、楽しく育児に参加できるようにすることを果たすべき使命としています。
そのために、ママが楽しい育児生活を送れるような支援や、育児の楽しさ、喜びを家族みんなが共有できるための支援、また、育児生活をしやすい社会環境の整備に向けた支援を行っているのです。

コンビの3つめの土台であるブランドバリューは、「ママを支える、もうひとつの手」としてコンビの育児用品が機能し、「ママから伝わる、自然な笑顔」を引き出すこと。
コンビの育児用品が、ママが使いやすい「べんりな手」となり、安全で頼りになる「たしかな手」になるようにという願いが込められています。
また、コンビの社会環境づくりや情報サービスで、ママの育児生活の「ひろげる手」となるために、育児用品の開発や社会環境づくりをすすめているのです。
このミッションを遂行するために、コンビはさまざまなライフスタイルに合う製品をお客様に届けています。
ママにとって子育ての楽しみや喜びが増え、負担やストレスが軽くなりたくさんの笑顔が自然に出ることがコンビの願いです。

コンビの強みは?

コンビの強みは、新しい製品を提供するだけではなく、育児環境支援事業や保育園の運営、シッターサービス事業を行うなど、そのブランドパワーを活かした厚みのある事業展開であるということができます。
コンビの中核事業であるベビー&トイ事業では、さまざまな事業を展開。
ベビーカーやチャイルドシートをはじめ、常に安全で新しい機能を盛り込んだ製品とサービスを提供し、ユーザーの期待に応えて信頼を重ねてきました。
育児環境支援事業では、ママと赤ちゃんのために快適な育児環境づくりを心がけ、ベビーキープやおむつ交換台などの、お子さま連れで外出する際にサポートをする製品を提供しています。

コンビのアパレル事業では、「赤ちゃんがよく笑う服をつくりたい」というコンセプトのもと、「コンビミニ」ブランドを立ち上げました。
コンビミニでは機能性とファッション性を持ちあわせたベビー服を展開しています。
現在では店舗およびwebでも購入することが可能です。
また、ライフサイエンス事業では健康を食の分野から提案する事業部として、抗酸化や免疫力、美容等をテーマに研究機関や大学との共同開発を行っています。
科学的データに基づいた食品素材や機能性食品の開発の他にも、これまでの研究を活かし化粧品業界にも参入しました。

最後に紹介するペット事業では、ベビー用品で培った今までのノウハウを活かし、ペットのための製品を提供しています。
ペットは赤ちゃんと同じ大切な家族という考えから、「コムペット」というペットのためのブランドを立ち上げました。
ペットのために、そしてペットを愛する家族のために、さまざまな「安心」を詰め込んだペット用品を提供しています。

コンビのチャイルドシートの魅力は?

コンビのチャイルドシートには、「エッグショック」という頭を守るための機能のほか、赤ちゃんの足元まで包み込む大きな日よけで赤ちゃんの安心環境を整える「スリープシェル」、体温調節が苦手な赤ちゃんに快適環境を作るための「ココチエアー」、チャイルドシートのリクライニングや向きを片手で簡単にできる「ラクチンタッチ」など、コンビだけに搭載されている機能があることが魅力です。

まず、コンビのチャイルドシートには、光や衝撃、音、汗などのすべての不快感から赤ちゃんをしっかりと守るための機能が搭載されています。
それは赤ちゃんにとってとても快適な空間となっており、まるでベビールームのよう。
また、チャイルドシートの種類が多く、月齢や車のタイプなどによってさまざまなタイプのチャイルドシートを選ぶことができることもコンビの魅力のひとつです。

冒頭でも説明したとおり、コンビのチャイルドシートには、コンビだけに搭載されている機能が4つあります。
まずは赤ちゃんの頭を守るための機能の「エッグショック」。
大人が感じるわずかな振動でも、やわらかく繊細な赤ちゃんの頭にとっては大きな振動になりかねません。
コンビは「卵すら傷つけない」をコンセプトに、超衝撃吸収素材であるエッグショックを開発しました。
以来、エッグショックはコンビのあらゆる製品に搭載されています。
また、「スリープシェル」という赤ちゃんの足元まですっぽりと包み込む大きな日よけにより、赤ちゃんの安心環境を整えることが可能です。
このスリープシェルが車でお出掛けのときに視野に入る強い光を遮り、眠るときに最適な空間をつくります。

3つ目のコンビだけの機能は、「ココチエアー」です。
これは体温調節が苦手な赤ちゃんに快適環境を作るための機能となっています。
通気しやすい構造のエアスルーシートや立体メッシュシートにより、汗かきな赤ちゃんのお肌をさらりとした状態に保つことができるのです。
4つ目に紹介する「ラクチンタッチ」とは片手でできる簡単操作で、チャイルドシートのリクライニングや360度の回転式であること。
この機能のおかげで、赤ちゃんを抱っこしながらでも簡単に操作ができるのです。
また現在(2019年8月時点)では、最新モデルであるクルムーヴJLシリーズのみの機能として、「サラリエンス」という、汗をかいてもむれにくくするための素材がシートに使われています。
このように、コンビのチャイルドシートにはコンビ独自の機能により赤ちゃんが快適にチャイルドシートで過ごせるための工夫が詰められているのです。

新生児用チャイルドシートのラインナップ

新生児用チャイルドシートの主なラインナップを紹介していきます。
コンビの新生児用チャイルドシートは新生児から4歳頃まで使えるものが多く、中には1歳頃までの製品や7歳頃まで使える製品まであり種類が豊富です。
機能だけでなく、何歳頃まで使用できるのかということも考慮しながらチャイルドシートを選ぶと良いでしょう。
新生児期のチャイルドシートには、シートベルトを使用せずに座席に取り付けが可能なISOFIX対応モデルと、シートベルトを使用してチャイルドシートを固定するシートベルト対応モデルがあります。
ISOFIX対応モデル、シートベルト対応モデルともに必ず取付確認車種リストでチャイルドシートに対応しているかを確認しましょう。

コンビのISOFIX対応モデルの中から紹介するひとつ目のチャイルドシートは、「クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショックJL」。
360度の回転や、3段階リクライニングなども片手で簡単に操作可能です。
回転タイプのチャイルドシートにおいて、コンビ史上最小サイズであることも魅力のひとつ。
瞬時に汗を吸収する1秒タオルや吸水速乾素材であるCOOL MAXも搭載しています。
次に紹介する「プロガード ISOFIX エッグショックRK」は、新安全基準であるR129適合のチャイルドシートです。
超衝撃吸収素材エッグショックの他、3層のサイドプロテクションやエアプロテクターなどにより、もしもの衝撃から赤ちゃんの頭も身体もしっかりと守ります。

コンビのシートベルト対応モデルで紹介する製品は、「クルムーヴ スマート エッグショックJL」です。
この商品はISOFIX対応モデルの「クルムーヴ スマート ISOFIX エッグショックJL」のシートベルト対応タイプバージョンで、機能も全く同じで充実した内容となっています。
こちらも回転タイプのチャイルドシートにおいてコンビ史上最小サイズのため、車内では座席をひろびろと使うことが可能です。
最後に紹介する、他のチャイルドシートと機能の差が歴然の「EX COMBIグッドキャリー」は、1台で3役を担うユーザー満足度の高いチャイルドシート。
チャイルドシートとしてだけでなくベビーキャリーやロッキングチェア&ラックとしても使用することができ、寝てしまった赤ちゃんを起こすことなく移動することが可能です。

チャイルド&ジュニアシートのラインナップ

チャイルド&ジュニアシートとは、1歳から11歳頃まで使用できるモデルのことをさします。
コンビのチャイルド&ジュニアシートの中から、主なラインナップを3つ紹介していきましょう。
コンビの「ジョイトリップ」と呼ばれる製品は搭載された機能により、「エッグショックGH」や「エッグショックS GG」、「エアスルーGH」の3種類のタイプに分かれています。
通気性の高いふわふわ爽快シートを搭載した「エッグショックGH」は、エッグショックも搭載しているハイグレードモデルです。
次の「エッグショックGG」はふわふわ爽快シートは搭載されていないものの、エッグショックは搭載されています。
最後に紹介する「エアスルーGH」にはふわふわ爽快シートやエッグショックの代わりにヘッドサポートが搭載されていて、3種類の中で一番お値打ちなモデルです。

コンビ
ジョイトリップエッグショックGH
29,700円(税込)
コンビ
ジョイトリップエアスルーGH
19,800円(税込)

いずれのチャイルド&ジュニアシートにもエアスルーシステムやドリンクホルダーが付いていて機能性が高く、必要な機能や価格から選ぶことができます。
また、お子さまの成長に合わせチャイルドモード・ジュニアモード・ブースターモードという3ステップのシートアレンジが可能で、1歳から長く使用することが可能です。

ジュニアシートのラインナップ

3歳から11歳頃まで使用できる、コンビのジュニアシートの主なラインナップを紹介していきます。
まずは「ジョイキッズ ムーバー エッグショック KH」。
背もたれの頭部を上下させることが可能で、お子さまの成長に合わせて最適な位置にヘッド部分を調整することができます。
ベルトジャストフィッターというつまみを左右に調節することで、ベルトをお子さまの肩幅に合わせて最適な位置に調整することも可能です。
また、エッグショックも搭載され、お子さまの頭を衝撃から守ります。

チャイルドシートの選び方

お子さまと車で外出するときには必須となるチャイルドシートですが、お子さまへ安全性や車への取り付け方などを考え慎重に選びたいですよね。
では具体的に、どのような点に気を付けて選ぶと良いのでしょうか。
まずは、お持ちの車がISOFIXに対応しているかを確認することから始めましょう。
車がISOFIXに対応していればシートベルト対応モデル以外にも、取り付けの簡単なISOFIX対応モデルからも選ぶことが可能になります。
次に、お子さまの月齢や身長、体重を考慮して、新生児用チャイルドシートにするのか、チャイルド&ジュニアシートやジュニアシートにするのかを決めましょう。
そのときに注意することは、お子さまの年齢だけで判断するのではなく、必ず身長や体重も判断材料に入れてください。

安全基準をクリアしている製品かどうかも購入前にチェックをしましょう。
国で定められている安全基準をクリアしているチャイルドシートには「Eマーク」が付いています。
大手メーカーの製品を新品で購入する場合には心配いりませんが、中古製品の購入を検討している場合や知人から譲り受けた製品の場合、古い安全基準で設計されている可能性があります。
お子さまの安全を守るためにも「Eマーク」が付いているかをきちんと確認し、付いていない場合は使用するのを控えましょう。
最近ではより厳しい基準を設けることにより、安全性が高くなったR129適合のチャイルドシートが発売されはじめています。
それぞれの製品の安全性を吟味しながら選ぶと良いでしょう。

また、チャイルドシートの機能性も製品を選ぶ上で重要なポイントです。
コンビの製品には、エッグショックやエアスルーシステム、スリープシェルなどお子さまが快適に過ごすための工夫が詰まっています。
360度の回転や持ち運びができるなど、ママにとって使い勝手の良い機能もたくさんあります。
どの製品にどの機能がついているのかをよく見比べ、お子さまやママにぴったりのチャイルドシートを選んでください。

コンビのチャイルドシートの口コミ

コンビのチャイルドシートをどれにしようか迷ったときには、ユーザーの口コミを参考にしてみましょう。
・エッグショックのおかげで、首がすわる前でもぐらつきが気にならなかった。
少しぐずっていても、乗せるとすやすや眠る。
・運転し始めると確実に寝る。
ベルトもつけやすく、安全性と快適性も兼ねていて満足している。
・包み込むような形とエッグショックによって振動が伝わりにくくなっていて、乗るとすぐに寝る。
洗濯後のシート取付も簡単で360度動くのも快適。
・ISOFIXで1人でも簡単に取れ付けができた。
軽自動車だが、後部座席もゆったりと座れるほどのコンパクトさも有り難い。
・回転やリクライニング、ヘッドレストの高さ調整が片手でカンタンにできた。

大切なお子さんの命を守ろるために

チャイルドシートは大切なお子さまの命を守る大事なアイテムです。
さまざまな種類があり迷ってしまいがちですが、お子さまが安全で快適に過ごせるようなチャイルドシートを選びましょう。
エッグショックなどのコンビならではの機能を搭載しているチャイルドシートならば、赤ちゃんとの外出も安心して楽しめるのではないでしょうか。
コンビのチャイルドシートの品番や内容を比較しながら、お子さまやママにぴったりの製品を選びましょう。