渋メンに贈る!バレンタインは上品な和のスイーツで差をつけよう

2020/01/28
渋メンに贈る!バレンタインは上品な和のスイーツで差をつけよう

年配の彼や上司に贈るバレンタイン。ちょっと背伸びしたくなりますよね。今年のバレンタインは、上品で高級感あふれる和テイストのスイーツを贈ってみませんか?年配の人や、上司、お父さんへのバレンタインの贈りものに、甘さ控えめのほろ苦い抹茶のスイーツをプレゼントしましょう。健康志向の人も、スイーツと言うと避けられるかもしれませんが、抹茶のスイーツだとちょっと興味を示してくれるかもしれません。見た目も味の好みも渋メンなあの人に、和のスイーツで贅沢な時間を贈りましょう。

目次

甘いチョコレートよりも好まれるほろ苦い抹茶スイーツ

バレンタインに贈るチョコレート。チョコレートの中にも種類があります。ミルクチョコレートにダークチョコレート、ホワイトチョコレート、いちごチョコレート、それから抹茶チョコレート。チョコレートの中にも、和のテイストが盛り込まれるように、抹茶はいろんなスイーツとの相性が非常に良いのです。それに、スイーツ自体が甘くておいしいので、食べ過ぎると罪悪感がふつふつと湧いてきますが、それが抹茶味だったりすると「もうちょっと食べてもいいかな」と、そんな甘い考えが許される気がするものです。抹茶のお菓子やスイーツってだけで、なんだかヘルシーな感じがしますよね。今年のバレンタインは、あまーいチョコレートではなくちょっとほろ苦い大人の甘さを感じるスイーツを贈ってみましょう。

和菓子と和スイーツはどう違うの?

そもそも、和スイーツとはどういったものをさすのでしょうか。和菓子とは、あんこやようかんなどの半生菓子が一般的で、砂糖をふんだんに使った練り切りのような生菓子を和菓子といいます。一方で、和スイーツとは、和菓子の食材と洋菓子に使う材料を使用して作る、いわばハイブリットスイーツなのです。例えばバウムクーヘンやクッキー、ラングドシャに抹茶を混ぜたものが挙げられます。和菓子に使われる代表的な材料といえば、抹茶。その抹茶を使うものの、材料は小麦粉や生クリーム、バターなどの洋菓子のものになるスイーツ、というわけです。和スイーツは、味は和風になりますが、洋菓子に近いテイストになります。

大人テイストの彼に贈る和スイーツギフト

それでは、バレンタインに贈りたい和テイストのスイーツを紹介します。バレンタインは気持ちを伝える特別な日。年配の男性のみならず、チョコレートに飽きてしまった人にも贈りたい、日本人の味覚に寄り添った上品で丁寧な味わいの和スイーツ。特別なスイーツで大好きの気持ちを贈りましょう。

和スイーツ大定番の抹茶スイーツ

和スイーツの大定番、抹茶味のスイーツです。抹茶はカラダにも良いので、スイーツとして抹茶を楽しむことでヘルシーに甘いものを楽しむことができますね。

代表的な和スイーツが、カステラやバウムクーヘンです。こちらは、宇治の抹茶を使ったバウムクーヘン。茶葉の爽やかな香りが上品な宇治抹茶をふんだんに練り込まれた、しっとりとした食感のバウムクーヘンは、甘いものですがあっさりと楽しんでもらえるでしょう。大きなバウムクーヘンですが、ペロッと食べてしまえるほど。宇治抹茶とあずきのやさしい甘さが特徴の、油で揚げていないヘルシーな焼きドーナツとセットのギフトです。

宇治抹茶バウム 鼓
2,160円(税込)

カステラもまた人気のある和スイーツです。バレンタインなので、やっぱり特別なカステラを贈りたいですよね。 和三盆を使用したカステラのギフトを紹介します。和三盆とは、日本に古くから伝わる最高級の砂糖のこと。そんな和三盆を使ってしっとりと焼き上げられた「和菓匠菴 「ほまれ」和三盆糖入かすてぃら【抹茶】」。抹茶の原料は、京都府の一番碾茶(てんちゃ)を使用しています。やさしい香りと味わいが、しっとりのかすてぃらに染み込んでいます。色はしっかりした緑色ですが、甘さはふんわりやわらかいな焼き上がり。ほのかにやさしく、だけどしっかり口の中に広がっていきます。家族と切り分けて食べられる、年配の人へのバレンタインに喜ばれるおすすめです。

和菓匠菴 「ほまれ」和三盆糖入かすてぃら【抹茶】
712円(税込)

こちらは、ひとくちでパクっと食べられるキューブケーキです。辻利兵衞本店の宇治抹茶がたっぷり練り込まれた茶葉クリームと、しっとり生地で焼き上げられた「賽の茶」。バターの香りと高級茶の代名詞、宇治抹茶の芳醇な味わいがベストマッチした大人の味です。宇治抹茶の他にも、香ばしい香りが魅力の玄米茶のケーキをセットにして。キューブケーキの生地にほんのり香らせた洋酒が、お茶とケーキの香りをより引き立たせています。

辻利兵衛本店 賽の茶
1,620円(税込)

和スイーツ…ではありませんが、今の時代に馴染むように作られた和菓子を紹介します。辻利兵衛本店の「茶々こまち」は、こし餡に宇治抹茶を練り込み、抹茶を使った特製の生地で包み丁寧に柔らかく焼き上げられたおまんじゅうです。生地にも餡にも抹茶を使った贅沢感あふれるスイーツ。きめが細かく抜群のしっとり食感を感じる中の餡には、小豆の粒も入っているのであんこの風味も感じます。このおまんじゅうはまさに渋メンに喜ばれるスイーツでしょう。宇治抹茶の魅力を存分に味わえるおまんじゅうは、もちろんお茶にも、コーヒーにも合う絶品スイーツです。

京都宇治 辻利兵衛本店 茶々こまち
1,620円(税込)

日本の料亭の上品なスイーツ

カステラやバウムクーヘン×和スイーツの次は、プリンとのコラボレーションスイーツです。 年配の彼や上司に贈るバレンタイン。出来るならば高価なスイーツを贈りたい…と思っているあなたにおすすめしたい、料亭の和スイーツ。最高級の砂糖「和三盆」を使用したかすてらと、プリンのギフトセット。プリンのテイストは、あずきと黒ごまの2種類。日本の和菓子には欠かせないあずきテイストのカラメルと、下の部分から感じるのはココナッツ風味。黒ごまプリンは、黒ごまが全体に贅沢に練り込まれています。手が届く値段で高級感溢れるスイーツが贈れます。想うその気持ちを後押しする、料亭の上品なスイーツです。

なだ万 スイーツセレクト
1,836円(税込)

年齢とともに感じる和スイーツの魅力

和菓子と言われると、ちょっと距離を置きがちになります。「甘いものが食べたい」と思うと、和菓子ではなく、自然と生クリームやチョコレートの甘さに手が伸びるものです。ですが、歳を重ねると段々と、甘いだけではない、奥深い味わいのスイーツの魅力を感じることができます。若い頃に好きだった甘いスイーツと、歳を重ねて初めてわかった、抹茶やあんこの和テイストとの融合スイーツ。素敵に歳を重ねた人生の先輩に、若い頃に食べた懐かしい味と、大人になって知った抹茶の上品な甘さを感じるバレンタイン和スイーツを贈って、センスのいい女性を演出しましょう。