おいしい国はどこ?バレンタインには世界のチョコレートを楽しもう

2020/01/28
おいしい国はどこ?バレンタインには世界のチョコレートを楽しもう

みなさんは、普段食べるチョコレートがどこの国のチョコレートか知っていますか?スーパーやコンビニで買うチョコレートは、おそらく日本のものでしょう。バレンタインは、世界中のチョコレートが大集合するイベント。この機会を逃すわけにはいきません。まだ出会ったことのない味に出会えるチャンス。日本のチョコレートとの味の違いを楽しみながら、特別なひと粒を大好きな彼に贈りましょう。

目次

世界一チョコレートを食べる国はどこ?

チョコレートで有名な国といえば、チョコレート発祥の地であるベルギーです。
ベルギーはヨーロッパにある国ですが、チョコレートはヨーロッパの国々でで多く消費されています。
その証拠に、チョコレートの有名ブランドの多くが、ヨーロッパの国で生まれています。
チョコレートの国別年間消費量というデータがあります。
これによると、上位を占めるほとんどの国がヨーロッパにある国です。
その中でも、ルーマニアがダントツの1位。
ルーマニアのひとりあたりの年間消費量は、なんと約15キロだそう。
チョコレートは、日本でもファンが多いお菓子ですが、さすがに1年に15キロも食べる人はいないのではないでしょうか。
ルーマニアの他には、ベルギーやイタリア、イギリスでチョコレートは広く愛されています。

それぞれの国のチョコレートの味の違いはあるの?

チョコレートの味の違いは、それぞれの国によって違います。
例えば日本のチョコレートの特徴は、ミルクチョコレートのような、コクがありクリーミーなチョコレートです。
またチョコレートよりも、チョコレートを使ったお菓子が多いのも特徴です。
チョコレート発祥の地・ベルギーのチョコレートは、ナッツの香ばしさが特徴のプラリネが主流で、全体的に濃いナッツの味を活かした味が特徴です。
イタリアは、ナッツをペーストしたものにチョコレートをかけ合わせたジャンドゥーヤというチョコレートが有名で、食感は少しねっとりとしたチョコレートが多いです。
このように、国によってチョコレートの味は変わります。
いろんな国のチョコレートを試して、彼と一緒に、好みのチョコレート探してみるのもいいですね。

バレンタインはチョコレートで世界中を旅しよう!

今回紹介するのは、ベルギーとイタリア・トリノのチョコレートです。
それぞれの国で違った特徴のチョコレート。
世界で愛されるブランドチョコレートで世界旅行に出かけましょう。

【ベルギー】

チョコレート発祥の地・ベルギーのチョコレートからは、ベルギー王室御用達のガレーのミニバーを紹介します。
箱を開けた瞬間から広がる甘い香り。
植物性油や添加物、人工着色料を使用せず、香り高いピュアバターを使用しているので、とろけるような口溶けを楽しむことができます。
ダークチョコレートとプラリネ、ミルクチョコレートとプラリネというそれぞれチョコレートを組み合わせることで、ガレーのプラリネの香ばしいナッツの風味を感じることができます。
ピスタチオとホワイトチョコレートとのクリーミーでまろやかな味わいを感じることができるのも、ガレーのミニバーならではです。

ガレー
ミニバー 12個入り
1,944円(税込)

ベルギーのチョコレートには、日本にはない面白い楽しみ方が出来るものがあります。
それが、コーヒーのために作られた「カフェタッセ」。
フランス語でコーヒーカップを意味するチョコレート。
正真正銘、ベルギー産のチョコレートです。
このチョコレートは、その名の通りコーヒーとのフィーリングを追求したチョコレートです。
アフリカや南アメリカの選りすぐりのカカオ豆をブレンドして作られたチョコレートは、豊かなカカオの香りと濃厚でコクのある味わいを楽しむことができます。
同じ味のコーヒーでも、オレンジや紅茶やミルクなど、カフェタッセのテイストが変わればコーヒーの味も変わってくる、魔法のチョコレートです。

カフェタッセ
ミニタブレットアソート 20個入り
1,620円(税込)

【イタリア】

イタリアからは、イタリア・ボローニャの街から始まったマイアーニのチョコレートを紹介します。
ルパン三世の愛車としても有名なFIAT500のミニカーがついている、男性には堪らないミニカー付きのチョコレート。
ついついミニカーの高度な精度に目がいき、チョコレートはおまけのように感じてしまいますが、ミニカーとセットのチョコレートは、マイアーニが特許を持つ4層構造のチョコレート。
100年以上前に販売された当時の新車「TIPO4」にかけて、4層に重ね合わせられています。
4層にすることで、ヘーゼルナッツがふんだんに練り込まれたチョコレートが一層クリーミーな味わいを引き出し、柔らかい口溶けのチョコレートが実現しました。
1911年当時のままの原材料と製法が使われているマイアーニを代表するチョコレート・イルクレミーノのナッツとカカオの相性は、このチョコレートでしか味わえないテイストです。

マイアーニ
FIAT チョコレート・ミニカーセット缶
2,970円(税込)

イタリア・トリノで生まれたカファレルのチョコレートは、ジャンドゥーヤチョコレートが有名です。
イタリアのピエモンテ産のヘーゼルナッツのペーストが練り込まれており、ナッツの香ばしい香りと風味豊かなミルクチョコレート。
この変わったカタチは、カファレルの伝統的な練り出し方法で作られているためです。
この練り出し方法のおかげで、非常になめらかな口当たりが実現しました。
キュートなホイルデザインのミルクチョコレートもほろ苦い味わいでクセになる味です。

カファレル
チョコラティーノ
1,404円(税込)

【日本】

日本で作られるチョコレートは、チョコレートから感じるコクや奥深い味わいを感じるチョコレートよりも、見た目の高級感や一粒から感じる贅沢感を重視する傾向にあります。

一粒一粒が芸術作品のような、神戸発祥のスイーツブランド・モロゾフのプレミアムチョコレート。
見た目もおしゃれで、その名の通り、ひとつひとつがプレミアムの味わいです。
ナッツ、クリーム、コーヒー、シャンパンにブランデー、ラムにウイスキーなど、大人の味わいが芸術作品のような姿で、高級感のあるパッケージに入っています。
ベルギーやイタリアのチョコレートにはない、ミルク、ダーク、ホワイトなどの、純粋なカカオ豆の甘さとチョコレート本来の深い味わい風味を感じることができます。
日本人に馴染みのあるチョコレート、だけどそのひと粒に贅沢な幸せを感じることが出来るチョコレートです。

モロゾフ
プレミアムチョコレートセレクション
2,160円(税込)

日本のおもてなしの心を感じることが出来る有名ホテルのチョコレート、「リーガロイヤルチョコレート」。
シンプルなタイルチョコレートではありますが、ホテルの優美な装飾をモチーフにしたデザインと、リーガロイヤルのロゴが堂々と描かれた気高く上品な印象を受けるチョコレートです。
口溶けの素となるココアバターが使用されており、パリッと割れた後になめらかな舌触りを実感できます。
シンプルな中にも、スイートプレートとミルクプレートの2種類の味を楽しむことができます。
隅々まで行き渡った一流ホテルの心遣いを、このチョコレートで感じてください。

リーガロイヤルホテル
タブレット・ノーブル
648円(税込)

宇宙に行きたいあなたへ贈るチョコレート

世界旅行じゃ満足できない!という人には、宇宙のロマンを感じるチョコレートで宇宙旅行へ案内しましょう。
半円のチョコレートに描かれたリアルな惑星たち。
宇宙に浮かぶ惑星をそのままデザインボックスに詰め込んだ、アストロノミーギャラクシーショコラです。
実際の大きさの何億分の1のスケールの銀河系の惑星を、なんと食べることが出来るのです。
水星はソルト味のチョコレート、金星はクランベリー、地球はラズベリーといった、それぞれの惑星をイメージしたテイストで、宇宙を体感してください。

アストロノミー
ギャラクシセレクションM 12個入り
2,160円(税込)

あなたに合うチョコレートに巡り会えますように

いかがでしたか。
世界ではいろんなテイストのチョコレートが愛されています。
それぞれの国の人々に永く愛されるように、時代とともに味も進化してきました。
今ではバレンタインの季節には、世界中で生まれたチョコレートを楽しむことができます。
日本で生まれたチョコレートもきっと、世界中のどこかで愛されていることでしょう。
その場所に行かなくても、世界のチョコレートを楽しむことが出来る特別な日。
大好きな彼と、素敵な時間を過ごしてください。
あなたが彼に巡り会ったように、あなたの好みのチョコレートが見つかりますように。