新型コロナ禍でも内祝いは贈ってもよい?外出ができない時のギフトの贈り方

2020/04/07
新型コロナ禍でも内祝いは贈ってもよい?外出ができない時のギフトの贈り方

今、世界中で蔓延している新型コロナウイルス。各県で外出自粛要請が出され、学校も休校、仕事もテレワークになるなど、自宅にいる時間が長い日が続いています。2020年年明けてから少しずつ広がり始め、今では世界で猛威を奮っています。卒業式や入学式も自粛され、例年に比べてお祝いムードもあまり感じることが出来なかったように思います。しかしそんな中でも、結婚や出産、新築祝いなど、生活の中でもお祝いごとはあります。お祝いをもらったら、内祝いでお返しをすることはマナーではありますが、果たして今の時期に贈っても問題はないものなのか、贈りたいときには何に気をつるべきなのか、不安になることがいっぱいあるでしょう。この記事では、外出ができない時の内祝いの贈り方など、今、贈りものを検討中の人が抱えている不安をひとつでも解消できるように、解説していきます。

目次

出産内祝い

緊急事態宣言時の内祝いの贈り方は?

新型コロナウイルスの影響で外出できない状況が続いている今、一般的な内祝いの渡し方である直接会いにいくことや自宅に訪問するのを快く思わない場合もあるので、内祝いは郵送で贈りましょう。

一般的には、お祝いをもらったら、その人の自宅に訪問し、直接感謝の言葉を伝えながら内祝いを手渡しすることがマナーとされています。
しかし今は、新型コロナウイルスの感染拡大を食い止めるために、外出を控え、直接人と会わないようにしようということで、厳しい外出自粛要請が各地で出ています。
誰がウイルスを持っていてもおかしくない今、自宅に訪問される方も、家に直接訪問されることを快く思わないかもしれません。
内祝いは一般的に、お祝いをもらってから1ヶ月以内に贈ることがマナーとされているので、できるだけ早く贈りたいところではありますが、こんな状況下で贈るのは不謹慎なのか不安ですよね。
こんなときだからこそさまざまなところに配慮して、相手に失礼のない内祝いの贈り方を考えましょう。

外出自粛要請中は内祝いを贈らないほうが良い?

外出自粛要請中でも、内祝いを贈ることは失礼にあたることはありません。
しかし、連絡もせずに自宅に訪問したり、会う約束をするなど、無神経な態度を取ると、相手を不快にさせるので注意しましょう。

例えば、相手が喪中である場合など、明らかに先方に不幸があったときにお祝いのお返しを贈ることは、相手の気持ちを考えていないという意味で、不謹慎だと思われることがあるでしょう。
しかし、今は“コロナウイルスの感染拡大を止めるためにみんなでおうちで過ごそう”ということなので、贈ってはいけないということはありません。
しかしながら、自分の都合ばかりを考えて無神経な態度を取ってしまうと、快く思われない可能性もあります。
こんなときだからこそ、内祝いを郵送するなど、細心の気遣いをして内祝いを贈りましょう。

直接内祝いを渡せない場合は郵送しよう

本来ならば、直接会って感謝の気持ちを伝えたいし、出産のお祝いをもらったのであれば、赤ちゃんと一緒に元気である報告をしたいという気持ちはあるでしょう。
しかし、外出をすることで、自分自身も感染の危険があり、ましてや赤ちゃんに感染するととんでもありません。
外出できないけれど、相手に失礼になることはしたくないという人におすすめしたいのが、郵送で内祝いを贈るという方法です。
内祝いの贈りものを直接相手の自宅に郵送すると、早く内祝いの手配をすることが出来ます。
しかしながら、内祝いを郵送してくれるのもまた人です。
いつもどおりの配送が叶わず、遅延してしまうこともあるでしょう。
そういった場合も十分考慮して、内祝いを郵送で贈ることも考えてみると良いかもしれませんね。

外出できないときだからこそ利用したい通販サイト

百貨店やデパートに出向き、内祝いの郵送手配をするのはなかなか大変です。
1枚1枚届け先を手書きしないといけない上に、そもそも外出をしたくない今の時期に店頭に行くことは躊躇われますよね。
そんな、外出できない今だからこそ利用したいのが、通販サイトです。
ギフト専門の通販サイトはたくさんありますが、中でもソムリエアットギフトは、楽天市場での人気ランキング上位のカタログギフトの他にも、結婚内祝いに人気のスイーツギフトや出産内祝いに人気の「名入れ」ギフトなど、品揃えが豊富で、バリエーション豊かな品物の中から贈りたいものを選ぶことが出来ます。
もちろん、今回の目的である内祝いを直接相手の自宅に郵送することも可能な上に、1配送先につき2,640円(税込)以上の注文で送料無料になるので、何かと出費がかさむこの時期にはとても良心的なお店です。
インターネットで贈りものを注文することが不安な人もいるでしょう。
直接郵送の手配をするおとは、「ちゃんと注文したものが届くかな」「熨斗はちゃんとかかっているかな」「名前の誤字脱字はないかな」と、目に見えないからこそ不安は募ります。
ソムリエアットギフトでは、豊富な知識を持ったギフトのプロのスタッフが親切・確実に応対してくれるので、安心して内祝いを用意することが出来ます。
パソコンやスマートフォンで簡単に届け先の入力もできるので、内祝いを検討している人は、ソムリエアットギフトを利用してみましょう。

内祝いを郵送するときに押さえておきたいポイント

それでは、内祝いを郵送する上で気をつけておきたいポイントを紹介します。
直接会って渡せないからこそ、すみずみなところにまで心を配り、丁寧な内祝いを贈りたいですね。

事前に連絡をしておこう

内祝いを郵送で贈る場合は、贈ることを相手の人に事前に伝えておきましょう。
伝える手段はメールでも構いませんが、出来たら電話で伝える方が好ましいです。
新型コロナウイルスの感染を警戒し、宅配便を嫌う人もいるかもしれません。
運送会社によっては、非対面受取対応で配達する「置き配」を実施している会社もあるので、そういった方法もあるということを相手に伝えると、親切である上に相手の人も安心して受け取ってもらえそうですね。

メッセージカードを添える

直接会って感謝の気持ちを伝えられないからこそ、内祝いの品物にはメッセージカードを添えて贈りましょう。
ソムリエアットギフトでは、注文者を対象にオリジナルのメッセージカードを作成できるサービスを利用することが出来ます。
新婚旅行先でのふたりの写真や、赤ちゃんの写真や、マイホームの写真など、用途に応じてオリジナルメッセージカードを作成出来ます。
メッセージカードのデザインも、かわいいものからシンプルなものまで選べるとはいえ、写真入りのメッセージカードを添えてしまうと、どうしてもフランクな贈りものになってしまうので、贈る相手を十分考慮して内祝いを贈りましょう。
関係性にもよりますが、年配の人へ内祝いを郵送で贈る場合は、手書きの手紙で先に内祝いを郵送する旨を伝えておくのも良いかもしれませんね。

のしは内のしでかけよう

内祝いには、どのような用途の贈りものかを示すために、熨斗(のし)を掛けます。
慶事用ののしには、紅白蝶結びと紅白結びきりがあり、のしの掛け方も、包装紙の内側(品物に直接)に掛ける内のしと、包装紙の外側から掛ける外のしがあります。
のしの掛け方については、地域性もあるために、内祝いの場合はどちらがいいかは一概には言いづらいところもありますが、内のしは控えめな印象を与えるため、内祝いには内のしが推奨されます。
特に内祝いを郵送で贈る際は、配送中にのしが破れたり汚れたりするのを防ぐために、内のしで贈ることをおすすめします。

内のしと外のしの違いやのしの種類については、以下の記事で詳しく説明しています。

内祝いにのしはかけるもの?のし紙のかけ方や水引の特徴について

気になる人はお店に相談してみよう

内祝いを贈ること自体は、渡し方さえ気をつければこういった外出自粛中でも失礼にはなりません。
しかし「こういう状況になる前から内祝いを予約していたけど、やっぱり今の時期を外して贈りたい」という人も中にはいるでしょう。
今回の新型コロナウイルスの蔓延は、誰もが初めて直面する問題です。
「今までのルールではこうだったけど」という場合も、今回の状況は当てはまらないことが多いでしょう。
少しでも不安に思ったことや気になったことは、お店のスタッフに相談してみましょう。
ソムリエアットギフトでは、同じ立場になって考えてくれる温かいスタッフばかりなので、困っていることや不安なことは、何でも相談してみましょう。あなたが抱える不安をきっと取り除いてくれるはずです。

お互いに配慮しあって気持ちの良いお返しをしよう

先が見えない新型コロナウイルス感染症。
いつ終息するかも正直わからない状況で、外出自粛を続けるのは不安なことばかりです。
しかし、お祝いごと、特に出産は、時期を選べません。
したがって、こういった状況の中でも生まれてくる新しい命はたくさんあります。
さまざまなことを自粛している中でも、新しい命が誕生する喜びは、自粛せずに心から喜びたいものです。
こんな時期に贈っても問題はないか、配送業者から受け取る時に相手が不安にならないかなど、普段よりもさまざまなところへの配慮が必要にはなりますが、お祝いをしてくれた人への感謝の気持ち、喜ばしい気持ちのおすそ分けは、心から出来る環境でありたいですね。
こんなときだからこそ、お互いに思いやる気持ちを持って、気持ちよく内祝いで感謝の気持ちを伝えたいですね。