初盆はどうする?新型コロナで訪問できない時のお供えの渡し方

2020/06/15
初盆はどうする?新型コロナで訪問できない時のお供えの渡し方

みなさんは、お盆の季節は実家へ帰省しますか。お盆とは、亡くなった人の魂(たましい)が、天国からこの世に戻ってこられる期間のことを言います。お盆の期間には、亡くなった家族やご先祖様の精霊(しょうりょう)を迎えて供養をします。亡くなった人が最初に迎えるお盆のことを初盆といい、法要を行います。通常は家やお堂で行い、会食をする場合もありますが、新型コロナウイルスの影響で現在は法要なども自粛傾向にあります。段階的にいつもの日常を取り戻しつつありますが、まだまだ油断はできません。この記事では、初盆の法要に行きたいけれどコロナウイルスが心配という人へ、訪問できない時の法要の仕方とお供えの贈り方を解説します。法要に参列できないけれど、偲ぶ気持ちはしっかり伝わるお供えの贈り方と、おすすめの品物もあわせて紹介します。

目次

初盆とは?普通のお盆とどう違うの?

初盆とは、親しい人が亡くなってから四十九日を過ぎたあと、初めて迎えるお盆の事を言います。
地域によっては新盆(にいぼん)とも呼ばれます。
毎年迎えるお盆は、亡くなったご先祖様が帰ってくる日と認識されていて、住職にお経を唱えてもらい供養をする大切な行事ですが、初盆は通常のお盆よりも念入りに供養の行事が行われます。
親族の他にも、親族や故人とゆかりのある人を招いて法要を行い、会食をするケースが多いです。
通常のお盆では、親戚などを呼ぶことはなく家族のみで行いますが、初盆では家族以外の親戚や友人、住職を招いて読経をあげてもらうのが大きな違いです。

コロナが心配で初盆に参列できない場合は?

親しい人が亡くなって初めて迎えるお盆。
通常ならお供えを持って法要できるけれど、今年は新型コロナウイルスの影響で、県をまたいでの不要不急の外出を控える「ステイホーム」が続きました。
本来ならば帰省する時期でもあるゴールデンウィークも、自宅で過ごした人が多いのではないでしょうか。
外出自粛要請も解除されたとはいえ、感染者が多い県から感染者の少ない県への移動や、逆に感染者の少ない県からの移動も、できればまだ控えたい時期です。
初盆の法要の案内を受け取った人の中には、「参列したいけれど、心配」という人もいるでしょう。
初盆の法要に参列することは、決して不要不急の外出ではありませんが、相手に気を遣わせたり、反対に自分自身も不安であるならば、無理に参列する必要はないでしょう。
今年は未曾有の事態に世界中が襲われました。
感染拡大を防ぐための判断は、やむを得ないことだと先方も理解してくれるはずです。
初盆に顔を出せない場合は、偲ぶ心が伝わるよう、しっかりと気持ちを込めてお供えを郵送しましょう。

お供えを郵送するのはNG?郵送するときに注意するべきことは?

初盆に参列する場合、通常ならばお供えを持参します。
残念ながら参加できない場合は、郵送でもマナー違反にはなりません。
しかし、失礼な贈り方にならないよう配慮が必要です。

お供えの品物を用意する時は熨斗(のし)をかけます。
熨斗には、「御供」と書き、外のしで熨斗を掛けます。
外のしとは、包装紙の外側に掛ける熨斗の掛け方をいいます。
包装紙の外側に熨斗を掛けると、熨斗が汚れたり破れたりする恐れがあるので、郵送する時には細心の注意を払って手配しましょう。
インターネットショップから注文する場合は、熨斗が破れないように配慮してもらう旨の連絡をするか、先方に「お供え」として使用してもらえるよう、二重包装や別に外箱に入れてもらうなどの配慮をしてもらいましょう。

また、事前に連絡を入れていても、品物だけが突然届くと先方も驚くでしょう。
郵送する場合は、品物に手紙を添えて贈ると丁寧ですね。
ネットショップで注文して直接郵送してもらう場合で、直筆の手紙が添えられないときは、お店のメッセージカードサービスを利用してみましょう。
お祝い事で使用するメッセージカードの他にも、法事で使用する挨拶はがきなどの仏事用のデザインを選べるお店もあるので、わからないときはお店のスタッフに相談してみましょう。

お供えを郵送で贈る時期は?

新型コロナウイルスの影響で初盆の法要に参加できない場合、お供えを郵送で贈る時期は、お盆の約1週間前に届くように贈ると良いでしょう。
初盆を迎える時期は、慌ただしく過ごされていることも多いです。
法要の最中にお供えの品が届くようなことがあっては失礼ですし、かといって早すぎるのも法要まで保管してもらわないといけなくなるので、1週間くらい前を目安に郵送しましょう。
万が一、お供えの手配が遅くなってしまった場合は、法要の当日の午前中までに届くように手配すると良いでしょう。

お供えの相場と選ばれている品物は?

初盆のお供えの一般的な相場は、3000円~5000円とされています。
亡くなった人が親しい間柄の場合でも、10000円程度が妥当でしょう。
あまり高すぎると先方に気を遣わせてしまう場合もあるので注意しましょう。

お供えの中で多く選ばれているには、乾物や缶詰、お菓子の詰め合わせです。
海苔の詰め合わせやフリーズドライのお吸い物、お茶漬けの詰め合わせ、焼き菓子が人気です。
保管場所を選ばず、賞味期限が長いものがお供えに人気のようです。
また、その中でもあまりに華やかではないパッケージデザインのものを選ぶと良いでしょう。

初盆のお供えは、お供えしたあとに集まった親族に配るケースが多いです。
したがって、配りやすい個包装されているものを選ぶと良いでしょう。

初盆のお供えで贈ってはいけないものは?

お供えをするので、腐りやすい生物や魚介類、肉類は避けましょう。
初盆のお供えで昔からよく選ばれているのは、法要で使用する線香やロウソク、供花です。
しかし、多く選ばれる分、受け取る機会も多いので、もらって困ってしまう品物にもなりかねません。
線香の場合は香りの好みもあるので、お供えの品物には避けたほうが良いでしょう。

また、初盆の法要は亡くなってから日が浅いということもあるので、故人が好きだったものは家族に大切な人を失った寂しさや悲しさを思い出させてしまう可能性があるので配慮しましょう。

故人を想って心でつながろう

亡くなった人が最初に迎えるお盆である「初盆」は、亡くなった人の家族にとって大切な行事です。
しかし、いろんな県からたくさんの人が集まって、そこで集団感染してしまったら元も子もありません。
故人もきっとそうなることは望んでいないでしょう。
初盆に行けないからと言って、「薄情だ」という人もいなければ、故人を想っていないということにもなりません。
今の状況を踏まえると、無理に訪問したり遠方へ出かけることを控えるのは、致し方ないと考える人の方が多いでしょう。
離れていても、心は繋がっています。
お供えを郵送するときは、同じ気持ちでいるということがまっすぐ伝わるように、贈り方に配慮したいですね。