香典返しの金額の相場は?香典返しのお金にまつわるマナーを知っておこう

2020/09/23
香典返しの金額の相場は?香典返しのお金にまつわるマナーを知っておこう

葬儀や通夜の際に受け取る香典。故人やその家族を偲ぶ気持ちとして参列者から受け取る香典に対し、感謝の気持ちを贈る香典返し。不幸は突然やってきます。慣れない香典や香典返しのやり取りに、戸惑う人もいるでしょう。この記事では、香典返しを理解する上で切り離せない「お金」にまつわるマナーについて解説します。最低限のマナーを理解して、相手に対して失礼にならないようにしておきましょう。

目次

香典返しの金額の目安は?

香典返しの金額の目安は、もらった香典の半分の金額~3分の1が一般的です。
半分の金額の品物をお返しすることから、「半返し」とも呼ばれています。
例えば、10000円の香典をもらった場合は5000円、1万円以上の場合は3分の1程度でも問題ないでしょう。
高額な香典をもらった場合、半返しでは失礼になる場合があることから、3分の1程度の予算の品物をお返しする場合があります。

一方で、葬儀や通夜の参列者からもらう香典の金額相場は、故人との関係性や立場によって変わります。

香典の金額相場

香典返しの相場は、香典の金額によって変わります。
香典の金額は、先程説明したとおり、故人との関係性などによって変わります。
ここでは、香典の一般的な金額相場について解説していきます。
親族、友人・知人、そして会社関係の3種類の関係性について紹介します。
一般的な香典の金額を把握していれば、香典返しの品物に使う予算が見えてくるでしょう。
是非参考にしてみて下さい。

親族の場合

亡くなった人が祖父母の場合、10000円~50000円が相場です。
自分自信の年齢によって香典の額も上がります。
故人がおじやおばの場合は、少し金額が下がって10000円~30000円程度が相場でしょう。
故人が兄弟の場合、30000円~50000円が香典の金額相場です。
両親が亡くなった場合は、50000円~100000円が香典の相場になります。
これは、配偶者がいる場合、義理の両親や兄弟であっても同じ金額を受け取ることになるでしょう。

友人や知人の場合

亡くなった人が友人や知人の場合、50000円~10000円が香典の金額相場です。
故人との生前深く関わりがあった場合は、金額は少し高くなります。

友人の両親が亡くなった場合は、3000円~10000円が相場です。
またこちらも、生前お世話になったなど関係性によっては10000円~30000円程度になります。

恩師やお世話になった先生なども同様に、3000円~10000円が相場です。

会社関係の場合

会社の関係者や同僚や上司、後輩の親族が亡くなった場合の香典は、個人名義ではなく社員一同で香典を包む事があるので、前もって確認しておきましょう。
ここで注意しておきたいのが、職場の先輩や上司よりも香典金額が高くならないようにすることです。

社長や上司、同僚や後輩など、会社の仲間が亡くなった場合の香典の金額相場は5000円~10000円になります。
一方、社長や上司の家族が亡くなった場合は、5000~10000円、同僚や後輩の家族が亡くなった場合は3000円~5000円が金額の相場です。
こちらも、「普段から仲良くしていた」「よく飲みに行く仲間だった」「休みの日も遊びに行く仲だった」という場合、上記で挙げた金額よりも高く香典を用意してくれる場合もあります。

香典のお金にまつわるマナー

香典返しのお金にまつわるマナーを解説する上では、香典にまつわるお金のマナーも知っておく必要があります。
香典を受け取る側として、知識を持っておきましょう。

偶数の金額はタブー

香典のお金にまつわるマナーとして、香典に包んではいけないタブーの金額があります。
それは、偶数の金額を包むということです。
偶数は割り切れる数なので、「割り切る」=「故人とのつながりを切る」ということが連想されるので、偶数の金額を香典に包むのはタブーとされています。
相手を不快にさせる可能性があるので覚えておきましょう。

上記の香典の金額相場でも分かるように、香典は奇数の金額を包むのが無難です。

また、奇数といっても「9」がつく金額も避けたほうが良いでしょう。
9は忌み数であり、縁起が悪い数字だからです。
縁起の悪いとされる金額は避け、1、3、5の金額で用意しましょう。

新札は使用しない

香典に新札を使用することはタブーです。
お祝い事では、新札を使用することが一般的なマナーですが、仏事の場合は新札は失礼にあたります。
新札を包む=事前に用意していたということになり、突然の不幸を待っていたと捉えられるからです。
万が一、新札しか用意できない場合は、一度折り目をつけて香典袋に入れましょう。

高額な香典を頂いた場合は?

香典返しは、「半返し」が基本です。
しかし、生前故人と親しくしていた人の中には、葬儀に高額な香典を持参する人もいるでしょう。
高額な香典をしてくれた人は、故人や残された家族を偲んで気持ちがプラスされている場合もあります。
頂いたその気持ちに対して、ルール通りに半返しをしてしまうと、返って相手に失礼になることもあります。
相手が親族の場合、3分の1程度の予算で品物を選ぶと良いでしょう。
職場の上司や目上の人の場合は、高級品や上質なアイテムが選べるカタログギフトを贈るのがおすすめです。
相手との関係性を十分に考慮した上で、ふさわしい品物を準備しましょう。

即日返しをする場合の相場は?

香典返しは、一般的には四十九日の法要が終わったあとに贈ります。
しかし、最近では住所を知らない事や個人情報の関係で住所を簡単に聞けない事が増えたため、当日に香典返しを返す場合もあります。
それを「即日返し」といいます。
即日返しをする場合、約2000円~3000円程度の品物を用意するのが一般的です。
即日返しの場合は品物を前もって用意しておく必要があるので、香典返しのルールである「もらった金額の半返し」ということが出来ません。
2000円~3000円の品物を用意していた場合、5000円の香典を受け取っていたらその後、お返しをする必要はありません。
しかし、もらった香典が高額だった場合は、忌明け後に改めて香典返しをする必要があります。

香典返しのマナーを理解して適切な対応をしよう

お祝いごととは違い、不祝儀の場合はマナー違反は特に相手に失礼になるほか、恥ずかしい思いをする可能性もあります。
特に、もらった香典に対して「普段お世話になっているからちょっと上乗せしようかな」といった余計な気遣いは、相手の偲ぶ気持ちを踏みにじってしまうことや、「常識知らずだな」と恥をかくことに繋がりかねません。
お金に関することは、特に注意したいところです。
香典返しの基本的な相場や、高額な香典に対する対応、相手との関係性と香典返しの品物の予算などをしっかり理解して、頂いた気持ち以上の感謝の気持ちをお返ししましょう。