10万円の香典を頂いたらどうすればいい?高額な香典に対する返礼品の選び方

2020/09/25
10万円の香典を頂いたらどうすればいい?高額な香典に対する返礼品の選び方

通夜や葬儀の参列者からいただく香典。香典には、一般的な相場がありますが、中には相場よりも多く頂く場合があります。後で確認した時に、高額な香典を包んでくれた参列者に対して、どのようにお返しするべきか、香典返しの他になにか贈る必要があるのか、不安に思いますよね。この記事では、高額な香典を頂いた場合はどうすればいいのか、対応の方法と失礼にならない返礼品の選び方について解説します。

目次

香典の一般的な相場は?

基本的に、香典は「いくらを包まなければいけない」という決まりはありません。
香典の金額は、故人との関係性や自分自身の年齢によって変わります。
自分の年齢が上がるにつれて高くなります。
自分自身が20代の場合、血縁関係のない相手への相場は3000円~5000円程度、両親や親族への場合は20000円~50000円程度になります。
30代~40代の場合は、血縁関係のない相手への相場は10000円~50000円程度、両親や親族への場合は50000円~100000円程度となります。

相場より高額な香典は、例えば30代の方の会社関係の方から50000円以上の香典をいただくと言った場合になります。

高額な香典をもうらのはどんな時?

葬儀の参列者からいただく香典には、故人やその家族を偲ぶ気持ちが込められています。
したがって、高額な香典をしてくれた人は、故人や残された家族を偲んで気持ちがプラスされている場合もあります。
また、血縁関係や年齢に限らず、生前故人と特に関係が深かった人は、一般的な相場よりも高額な香典になる場合があります。

親族から高額な香典をもらったら?

親族からの高額な香典は、援助の気持ちが込められている場合が多いです。
したがって、「香典返しはいらないよ」と言われることがあります。
高額な香典を頂いているので、なにかお返しをしないといけないという想いが強くなるとは思いますが、相手が目上の人や普段から親しくしてもらっている人の場合は、その厚意に甘えても良いでしょう。
また、同居する両親が亡くなって、葬儀や通夜の準備を自分がしなければいけない場合、別居する兄弟から高額な香典をもらうこともあります。
その場合は、高齢の両親の世話や葬儀、通夜の準備を任せてしまうことになることへの感謝の気持ちが込められていることもあります。
その場合も、気持ち程度のお返しで問題ないでしょう。

親族以外の人から高額な香典をもらったら?

親族以外から高額な香典をいただくケースは、会社の上司や生前故人と親しくしていた人からが多いです。
会社の上司から高額な香典を頂いた場合、会社にお祝いや香典の金額規定がある場合は、基本的には香典返しは不要です。
しかし、会社に規定がなく、会社の社長や上司から個人の意思で香典を頂いた場合、忌明け後に3分の1程度の金額の品物を贈りましょう。

高額な香典へのお返しはいつするべき?

香典返しは、高額などに関わらず、四十九日が終わってから、頂いた香典の半分から3分の1程度の品物を贈ります。
しかし、最近では住所を知らない事や個人情報の関係で住所を簡単に聞けない事が増えたため、当日に香典返しを返す場合もあります。
それを「即日返し」といいます。
即日返しをする場合、約2000円~3000円程度の品物を用意するのが一般的です。
即日返しの場合は品物を前もって用意しておく必要があるので、香典返しのルールである「もらった金額の半返し」ということが出来ません。
特に、高額な香典を頂いた場合は、忌明け後に改めて香典返しをします。

高額な香典に対するお返しの相場は?

高額な香典返しとは、基本的には30000円~100000円の香典へのお返しになります。
高額な香典を頂く場合は、上記で説明したとおり、援助の気持ちや故人と特に親しくしていた人からがほとんどです。
その場合は、香典返しの基本的なルールである半返しではなく、3分の1程度の金額の品物をお返ししましょう。

援助の気持ちや偲ぶ気持ちがプラスされた香典に対して、きっちり半額の金額の品物をお返しすることは、返って相手に不快な気持ちにさせることがあります。
相手との関係性を十分に考慮した上で、香典返しの品物を選びましょう。

高額な香典への返礼品は何を選べばいい?

香典返しに人気の品物は、食品や日用品などの消耗品、いわゆる「消えもの」です。
使ってしまえば消えてしまうタオルや洗剤などが定番である一方、高額な香典へのお返しには安すぎるので選べませんよね。
高額な御香典を頂いた場合は、香典返しの品物に添えて商品券を贈るのもひとつの方法です。
商品券は、金額はわかってしまうのがデメリットではありますが、香典返しに添えるお礼状とあわせて商品券を添えておくと、高額な香典への感謝の気持ちも伝わるでしょう。
親戚や身内からの高額な御香典は、援助の気持ちも込められていることが多いので、半返しといったマナーにとらわれず、気持ちだけお返ししても問題ありません。

高額の香典返しにおすすめのカタログギフト

高額な香典へのお返しに悩んだら、高額なコースがあるカタログギフトを選ぶのもおすすめです。
贈った相手の好きなものを選んでもらえるので、相手の好みに合わない可能性は少ないでしょう。
また、高額なカタログギフトには、有名ブランドや上質なアイテムが揃っているので、高額な香典にふさわしい高級なお返しを贈ることができるのも嬉しいポイントです。
国産牛が掲載されているもの、体験ギフトや旅行券が掲載されているものは比較的高額なコースまである場合が多いです。

香典返しにカタログギフトを選ぶ場合は、和柄の表紙のものなど華やかではないや落ち着いたデザインの表紙のものを選びましょう。

相手の気遣いに対して失礼にならないお返しをしよう

高額な香典返しには、参列者が故人やその家族のことを想う気持ちが込められています。
その気持ちに、本来のルール通りに型にはまったお返しをするのはナンセンスです。
相手に失礼になるだけではなく、相手の厚意を踏みにじり傷つけてしまう場合もあるからです。
「生前お世話になったから」「とても良くしてもらったから」と言ってくれる人の気持ちには、昔からのルールやしきたりではなく、真っ直ぐな感謝の気持ちで応えましょう。