両親への出産の内祝いで喜ばれる品は何?

2019/08/20
両親への出産の内祝いで喜ばれる品は何?

これから人生をともにする人と出会い、結婚して新しい生活を始める。 そうして次にやってくるのが、家族が増えることの喜び。 赤ちゃんの誕生は、両親(赤ちゃんの祖父母)にとっても大きな喜びですから、赤ちゃんの誕生を品物や現金で祝ってくれることがよくあります。両親の他にも、兄弟や祖父母などからたくさん祝福を受けるでしょう。 赤ちゃんの誕生を喜んでくれた両親には、感謝をこめてお返しとして内祝いを贈りたいものです。 しかし、両親にはどのようなお返しをすればいいか迷う人もいるでしょう。 この記事では両親からの出産祝いの相場や、両親へ贈る内祝いの選び方などを紹介します。

目次

出産内祝い

両親からの出産祝いの相場はどれくらい?

両親からの出産祝いの相場は、一般的には3~5万円程度です。
両親と同居の場合は、育児や家事を手伝う事が何よりのお祝いだとして、出産祝いの金額は低くなる傾向があります。結婚から出産まで期間が短い場合は、まとめてくれる場合や結婚の際にあわせてくれる場合もあります。
しかし、なかには10~100万円もの高額な出産祝いをくれる両親もいます。

祝う気持ちは同じですが、祝い方は人それぞれです。
お祝い金でなく、ベビーベッドやベビーダンスなどの家具を贈ったり、ベビー服やおもちゃなどのベビー用品を買ってくれたりする両親もいます。
品物がメインで現金を添えて贈る人もいるでしょう。
母親の実家からは雛人形や鯉のぼりなどの節句用品を贈るという風習が残る地域も見られます。
そのような場合、誕生したときのお祝い金の額は少なめになります。

両親への内祝いの予算はどれくらい?

両親から受け取る金額の相場は3~5万円なので、内祝いは1~3万円程度が内祝いの相場です。
両親からのお祝いは“子供への援助”という意味が含まれていることも多いので、10万円を超える金額のお祝いを受け取った場合は、半返しや3分の1のお返しをするのではなく、感謝の気持ちを伝えるメモリアルなアイテムを中心に選ぶとよいでしょう。 お祝いのお返しは「半返し」「3分の1返し」といわれ、受け取った金額の2分の1から3分の1程度の内祝いをするのが一般的なマナーですが、両親から「お返しはなしで」と言われることもあるでしょう。
したがって、内祝いの金額にあまりこだわる必要はありません。
きっちりと2分の1、3分の1を返そうとすると他人行儀だと感じさせてしまい、かえって失礼になることもあります。
お返しなど考えずに素直に受け取っておくほうが賢明です。

押さえておきたい内祝いの基本的なマナー

親しい仲にも礼儀ありという言葉があるように、身内だからといって、無礼なことはしたくありませんよね。
最低限の大人としてのルールやマナーを守って喜んでもらえる内祝いを贈りましょう。
たとえ贈る相手が両親であっても、内祝いの品物を贈る場合は、熨斗(のし)と包装紙での包装をして、内祝いとしての体裁を整えましょう。
出産内祝いの場合は、のし紙の水引は、紅白蝶結びを使用します。
のしの上部(のし上)には「内祝」、のしの下部(のし下)には生まれた赤ちゃんの名前をフルネームで書き記します。
ふりがなも一緒につけるのを忘れないようにしましょう。
結婚内祝いの場合は、水引は紅白結び切りを使用します。
のし上には「内祝」、のし下には、夫婦ふたりの連名もしくは新姓のみを書き記します。
結婚式の引き出物と同様に、のし下に旧姓を書く人もいますが、一般的に旧姓はのし下には印字しません。
旧姓を書き記したい場合は、内祝いにメッセージカードを添えて、その文面に旧姓を書いたり、内祝いを郵送で贈る場合の送り状の差出人欄に旧姓を書き添えたりすると良いでしょう。

のしの掛け方にも、包装紙の内側にのしを掛ける内のしと、包装紙の外側からのしを掛ける外のしとがあり、地域や用途によって使い分けます。
以下の記事で、のしの掛け方、水引の使い分け方について詳しく説明しています。

内祝いののしにはどんな種類があるの?基本的なマナーを知ろう

内祝いの品物を選ぶ際も、気をつけておきたいことがあります。
包丁やナイフなどの刃物は、「未来を切り拓く」という意味でお祝いに使用される地域もあるようですが、一般的には「縁を切る」ことを連想させるので、慶事の贈りものには不向きとされています。
他にも、ハンカチは「別れ」を連想させるものなので、贈りものにはNGとされています。

両親の心に残る!ユニークな内祝いギフト3選

一般的に、内祝いの定番ギフトといえば、「好きなものを選んでもらえる」という理由で人気のカタログギフトや金券、商品券、ミニケーキなどの焼き菓子系のスイーツ、洗剤やタオルなどの日用品、コーヒーや紅茶などのドリンクギフトですが、両親へのお祝いに対しての内祝いは、世界に唯一の内祝いが喜ばれます。
かわいい孫である赤ちゃんの名前入りや写真入りの内祝いは、受け取った両親の喜びもひとしおです。
子供の名前や画像の入った品物を贈ることは、相手が友人や会社の同僚などの場合は、親バカだと言われてしまったり赤ちゃんに恵まれない人を悲しませたりすることもありますから避けるべきです。
しかし、両親へのお返しであれば、そのような心配は無用です。
かわいい赤ちゃんの写真が入った品物や、オリジナルのメッセージカードを添えて贈ると喜んで受け取ってくれます。

日本人には欠かせないもらって嬉しいお米のギフト

赤ちゃんの名前や画像を入れたユニークな内祝いをいくつか紹介しましょう。
まず、「命名米」。
パッケージに赤ちゃんの名前や写真がプリントしてあるお米です。
お米は日本人なら誰もが毎日食べるものであり縁起もいいものなので、出産の内祝いとして人気が高い商品です。
また両親や祖父母の世代は、お米のギフトは大変喜ばれます。
誕生の日付や誕生したときの体重も書いてあり、「よろしくお願いします」などのメッセージを入れることも可能です。
米は誰でも必要な食品ですから、もらって嬉しくないことはありません。
元気な赤ちゃんの写真付きのパッケージに入ったお米で炊いたご飯は美味しく感じられて、両親の食も進むのではないでしょうか。

(名入れ 出産内祝)新米家族
2,592円(税込)

生まれたときの体重分の米をパックした商品もあります。
たとえば、3215gで誕生した赤ちゃんならば、ちょうど同じ3215gの重量のお米が一袋に入れられ、写真やメッセージが外袋にプリントされているのです。
贈られた人はそのお米を腕に抱えて、赤ちゃんを抱っこしたような気分を味わうことができます。
赤ちゃんの命の重さを体感できるお祝い品ですね。
なお、命名米には、1合(約160g)のミニサイズから5kgの大きなパックまでさまざまな重さの品があります。
重いお米を渡すときは、相手の負担にならないようにしましょう。
高齢の両親に内祝いを贈るときは、配送してもらえれば重量の重い米でも感謝されるはずです。
送料無料の商品もあるので、お得に自宅まで贈ることができて一石二鳥です。
軽量のタイプなら持参して手渡すのは簡単です。
他の品物とセットにして贈るのもいいでしょう。

(名入れ 出産内祝)生まれた重さのお米 俵入
6,480円(税込)

お酒好きの両親には世界にひとつだけのお酒ギフト

お酒好きな両親には、赤ちゃんの写真などを入れた「メモリアルワイン」や「メモリアル焼酎」はどうでしょうか。
ボトルに貼られるラベルを自分の好みのデザインで作れるおしゃれなお酒です。
赤ちゃんの写真や名前はもちろん、「第一子が生まれました」などと言葉を添えることもできます。
お酒はお祝いの席でも飲まれますから、両親はワインや焼酎を酌み交わしながら孫が誕生したことをお祝いしてくれるはずです。
赤ワインと白ワインをセットで贈ると、紅白で縁起の良い贈り物として喜ばれます。
名入れできるお酒としては、ワイン、焼酎のほか、日本酒や梅酒もありますから、両親の好みを考えてお酒を選びましょう。
ボトルは飲み終わったあとは飾っておくと、あとあとまで残る記念の品になります。

(お名入れ 出産内祝)ワイン マリアージュ赤 (酒類)
3,767円(税込)

いつも赤ちゃんの写真を眺めたいという両親にピッタリの内祝いが、「写真付き壁掛け時計」です。
時計の文字盤に自分で選んだ写真がプリントされている時計で、メッセージを入れることもできます。
付属の部品を付ければ立てて置き時計としても使えます。
部屋に掛ければ時間を見るたびに赤ちゃんの写真が目に飛び込んでくるので、両親にとっては嬉しい贈り物です。
なかには、時刻を表わす1~12の数字の位置に、赤ちゃんの写真がプリントされるタイプもあります。
世界に1つだけのユニークな内祝いを贈りたいという方におすすめです。

甘党の両親には赤ちゃんの名前が入ったスイーツギフト

甘いものが好きな両親には、和菓子や洋菓子など、上品なスイーツギフトが喜ばれるでしょう。
スイーツギフトは、「消えもの」といわれており、食べてしまうと後に残らないので、気を遣わせないギフトとして、職場の上司、先輩、同僚などへの贈りものに喜ばれます。
スイーツギフトで人気のあるものは、三越伊勢丹や高島屋などの百貨店でも人気のヨックモックや、北海道の銘店であるルタオ、最中や羊羹が有名なとらやの和菓子や千疋屋のフルーツゼリーなど、普段食べる機会がない高級スイーツ店のお菓子や有名店のスイーツです。
職場の人たちに贈るスイーツギフトは、クッキーやフィナンシェなどの焼き菓子が人気ですが、食べてしまうと後に残らないお菓子のギフトでも、印象に残るものを贈りたいときは「名前入りカステラ」がおすすめです。

カステラの銘店・長崎堂の出産の内祝いランキングでも上位に入る、文字通り赤ちゃんの名前が書かれたカステラです。
カステラが入っている木製の箱に「命名太郎」「〇年〇月〇日生」などとプリントしてあるタイプと、カステラそのものの表面に文字や絵が描かれたタイプの2パターンがあります。
茶色いカステラの上に白い色の文字や絵が浮かび上がっているものは、職人さんが手作りした型紙を使ってホワイトチョコレートで文字など描いたものです。
孫の誕生の喜びをかみしめながら食べられる点がいいですね。
もしも、孫の名前を食べるのは忍びないという両親でしたら、箱に名前の書かれたものがいいでしょう。

(名入れ 出産内祝)和泉屋 名入れカステラB(0.7号サイズ)
2,160円(税込)

お世話になった両親に贈りたいくつろぎ時間を楽しむギフト

出産に際しては、両親の手を借りることがいろいろとあります。
里帰り出産であればなおのことです。
両親も赤ちゃんの世話で疲れがたまっているかもしれません。
そのような両親には、感謝をこめて「ゆっくりと温泉にでも行ってらっしゃい」といって旅行に送り出したいものですね。
ただし、旅行をプレゼントするときは、両親の日程調整が必要である点と、健康状態によっては旅行を楽しめないこともある点に注意しましょう。
ですから、一方的に「○月○日に○○ホテルを予約したよ」と日程を決めてしまうのは考えものです。
日頃から旅慣れているアクティブな両親ならば、「旅行券」をプレゼントして自分たちの好きな場所へ出かけてもらうことができます。
しかし、あまり旅行に行ったことがなく、自分たちで日程や旅行先を決めるのは難しいと思われる両親なら、「旅行のカタログギフト」を贈るといいでしょう。
カタログギフトというと、日用雑貨から美容、スキンケア商品、お取り寄せグルメなどオールマイティな品物が掲載されているとうイメージがありますが、体験型ギフトに特化したカタログギフトもあります。
「JTB たびもの撰華」は、大手旅行会社のJTBが厳選した旅先・ホテル・食事などがパックされています。
その中から両親が行きたい場所を選んで旅に出ることが可能です。
上質な宿での宿泊コースから日帰り旅行のコースまで各種の旅が用意されていますから、予算に応じて選ぶことができます。

カタログギフト JTB たびもの撰華 椿(つばき)
11,660円(税込)

メモリアルギフトを選べば喜ばれやすい

メモリアルギフト、つまり、記念に残る贈り物も両親を喜ばせる内祝いです。
たとえば、「誕生メモリアルフォトパネル」は、お気に入りの写真をパネルにして、壁に掛けたり置物として飾ったりするものです。
写真は1枚だけを大きく引き伸ばすこともできますし、複数の写真をバランス良く配置して文字を入れることもできます。
レイアウトのパターンや背景の色は自分の好みのものを選択できます。

思い出の写真をプリントアウトするのではなく、ディスプレイの画面に映し出すのが「デジタルフォトフレーム」です。
写真立てのようなフレームに入った写真が次から次へと変わるので、両親は新鮮な気持ちで画面を見ることができるでしょう。
SDカードなどに入っている画像を映し出していくタイプと、電話回線を通じて遠隔地から画像を送信できるタイプがあります。
動画を再生できる機種ならば、孫のかわいい動きが両親を喜ばせます。

デジタルフォトフレームの良い点は、写真の変更が容易なため、赤ちゃんの成長に伴って常に新しい写真に入れ替えて見られることです。
生まれて間もない姿、立ち上がった姿、入園・入学など、写真から成長を感じることが可能になります。
外部から画像を送ることができる機種を選べば、両親の知らない間にフレーム内の写真を取り替えることができますから、遠方の両親にも孫の成長する姿をリアルタイムで見せてあげられます。
赤ちゃんが寝返りをうった、立ち上がったというような成長の一コマ一コマを共有できるでしょう。

赤ちゃんの写真を飾っておきたいけれどもデジタルフォトフレームまでは必要ないという両親には、「スタンドアルバム」を贈るといいでしょう。
写真を何枚もアルバムのように収納し、お気に入りのページを出して立てておけるものです。
気分によって飾る写真を選ぶことができる点が、昔からある「写真立て」とは異なった特長です。
アルバムに入れる写真は簡単に入れ替えできますから、赤ちゃんの成長によって中身を替えて楽しめます。
たたむと小さなアルバムになりますから、持ち運んで友人に赤ちゃんの写真を見せることもできます。

「手形・足型付きアートクレー(粘土)パネル」を使って生まれて間もない赤ちゃんの手形と足型を残しておくと、よい記念品になるでしょう。
自宅で赤ちゃんの手形と足型が入ったパネルが作れる商品です。
使い方は簡単で、人体に害のない粘土を赤ちゃんの手足に押し当てて型を取り、乾燥させればいいのです。
製品によっては、そのあと石膏を流し込んで立体的な手形・足型にするものや、オーブントースターで焼いて固めるものもあります。
固まったあとで写真と共にパネルにはめ込めば完成。
小さな赤ちゃんのかわいさを物語る、またとないメモリアルギフトになります。

大手通販サイトのソムリエアットギフトでは、メモリアルギフトの他にも両親に喜ばれるギフトから人気ランキング、贈る前に押さえておきたいマナーなどを紹介しています。内祝い選びに迷ったら、是非参考にしてみてください。

ありがとうのご挨拶!出産内祝い特集

両親からお返しは不要といわれた場合はどうすれば良い?

お返しは不要と言われても、それほど親しくない相手であればその後の関係を考慮してお返しをするほうが良いでしょう。
しかし、相手が両親の場合は、お返しはいらないというのであればその言葉に甘えてお返しを贈らなくてもよいでしょう。
出産祝いをくれた人から「お返しはいらないよ」といわれることは珍しくありません。
気の利いたお返しをしたと思っても、相手にとっては嬉しくないかもしれないということを心に留めておきましょう。
両親は、孫が誕生した喜びをお祝いで表現しているのですし、自分たちが渡すお祝いが若い息子や娘の役に立ったら嬉しいと考えていることが多いです。
とはいうものの、高額なお祝いをくれた場合など、何もお返しをしないと心苦しいこともあるでしょう。
そのような場合は、旅行に行ったときに少し値段が高めのお土産を買ってきて渡すような方法で、自然に感謝の気持ちを表わすことができます。
または、家を訪問したときなどに、内祝いの「熨斗(のし)」をつけずに、何かをさりげなくプレゼントをしてもいいのです。
品物でなく、こまめに連絡して赤ちゃんの成長の様子を教えてあげることも両親にとっては嬉しい贈り物になります。
近くに住んでいるのであれば、無理のない範囲でときどきは赤ちゃんを連れていくこともできるでしょう。
遠方であれば手紙に赤ちゃんの写真を添えて送ってあげると喜ばれます。

内祝いはいつ頃までに贈るべき?

出産祝いの内祝いは、産後1カ月ごろに赤ちゃんの名前で品物を贈るのが一般的です。
渡すタイミングで言えば、お宮参りの頃が目安といえるでしょう。
遅くても、出産祝いを受け取ってから2カ月以内に贈りたいものです。
もしも、産後の肥立ちが悪かったり、買い物に出ることが難しかったりして内祝いを贈るのが遅れた場合は、お詫びの言葉を添えたお礼状と一緒に贈るようにするといいでしょう。
内祝いの品物を贈るまでに、電話で一言連絡を入れておくか、手書きで便箋に書いたものを封筒に入れて贈っておくと、より丁寧ですね。

妊娠中は、出産してお祝いを受け取ってからゆっくり選ぼうと考えがちです。
しかし、産後は赤ちゃんの世話で忙しく、内祝いにまで気が回らなくなることもあります。
人によっては体調の回復に時間がかかってしまうこともあるでしょう。
ですから、妊娠期間中に内祝いとしてどのような品物を贈るか、おおまかにでも選んでおくとスムーズにお返しできます。
内祝いの品物は、自宅に訪問して、直接手渡しで贈るのが一般的ですが、どうしても訪問出来なかったり、直接会うことが難しい場合は、内祝いを郵送で贈るという方法もあります。
内祝いを郵送で配したいときには、通販サイトを利用しましょう。
インターネットショップで内祝いを手配するのは、慣れない人にとっては不安が大きいかもしれませんが、直接ギフトとして手配してくれる他にも、注文者を対象に、メッセージカードを作成してくれる特典サービスもあります。
直接会って渡せないからこそ、オリジナルのメッセージカードを添えて贈ると大変喜ばれるでしょう。
特に、遠方に住んでいる両親に、生まれた赤ちゃんの写真入りのメッセージカードを添えて内祝いの品物を贈ると、喜びもひとしおです。
メッセージカードの書き方がわからない人でも、例文が掲載されていたり、それぞれの用途に合ったテンプレートがあるので、それを参考に文面を変更出来るので安心です。
通販サイトでは、百貨店などの店頭で購入するよりも割引がされている品物や、お得なセールやキャンペーン、期間限定クーポンもあるので、利用したことがない人は一度覗いてみるのもいいかもしれませんね。

両親の喜ぶ顔を思い浮かべながら内祝いを選ぼう!

親戚の方や両親は、家族が増えたことを心から喜んでくれるでしょう。
子どもの誕生を喜んでお祝いをくれた方々には、まず、感謝の言葉を贈りましょう。
そのうえで、ライフスタイルや好みに合った品物を贈るようにします。
義理の両親の場合は、好みを知っている配偶者に相談して決めるようにしましょう。
両親にとってかわいい赤ちゃんの誕生の記念になるような品物は何より嬉しいプレゼントです。
たくさんの魅力的な商品が発売されていますから、両親の喜ぶ顔を思い浮かべながら選びましょう。