内祝いを断る相手には贈らないほうが良い?断られた時の対処法とおすすめギフトを紹介!

2019/08/23
内祝いを断る相手には贈らないほうが良い?断られた時の対処法とおすすめギフトを紹介!

内祝いをこれから贈ろうとしている人の中には、気遣いから内祝いを断る相手にどのように対応すればいいのかわからない人もいるのではないでしょうか。 無理に贈るつもりは無かったとしても、感謝の気持ちを伝えたり、お祝いごとのお裾分けはしたりしたいのが本音です。 ここでは、内祝いを断る相手への、失礼にならない対処法を紹介していきます。
最終更新日:2021年7月1日

目次

出産内祝い

少額のお祝いを頂いて内祝いを断られたらどうする?

お祝いの額はもちろん人それぞれ違いはありますが、少額の場合、相手がこちらを気遣って内祝いを断る場合も考えられます。
内祝いとは、親族や近所の人、友達など普段お世話になっている人に対して身内の中で起こったお祝いごとや喜ばしいことのお裾分けという意味合いを持っています。
そのため相手からお祝いをもらったかどうかは、関係ありません。
ただし、言葉の意味も広く捉えられるようになった中で、内祝いも本来の意味が薄れている傾向にあります。
その意味合いとしては、単純に頂いたお祝いのお返し、つまり返礼品という意味で使われることも多いでしょう。

そのような意味合いで考えた場合、もちろん、まずは、相手に対して心配りをすることが大前提です。
そのうえで、少額のお祝いを頂いて「内祝いはお断り」と言われたときは、食事に誘うなどすると、スマートにことが運ぶ場合があります。
たとえば、食事代を全額出したり少し多めに出したりすると相手も気を遣うことなく受け入れてくれるケースがあるといえます。

また、たとえば結婚後の場合、新婚旅行に行く人も多いです。
その場合の内祝いは、旅行へ行ったときのお土産品を渡すのも1つの手です。
相手を考えているという気持ちも一緒に伝えることができるので、より喜んで受け取ってもらえる可能性が高くなります。
その際、たとえば直筆の手紙やお礼状、メッセージカードなどを添えると、より気持ちも伝わりやすくなるでしょう。

さりげなくお返しするよう心掛けることが大切です。
内祝いはいらないといわれているにも関わらず、何度も贈る旨を伝えてしまうと、かえって逆効果です。
失礼だと感じてしまう人も、少なくありません。
あくまで、感謝の気持ちなどを伝えるために、内祝いはあると理解することが大切です。
相手に気を遣わせてしまっては、その意味がなくなってしまいます。
たとえば、お礼状を書いてみるなど、工夫次第で自分の気持ちはいくらでも伝えることが可能です。
親しい仲ではない場合、相手もこちらに気を遣ってくれていることが多いです。
特に少額であれば、内祝いを贈ることで、余計に相手に気を遣わせてしまう場合もあることを意識しましょう。

両親から内祝いを断られたらどうする?

両親や祖父母、親戚など近しい間柄の親族から、内祝いを断られることも少なくありません。
近しい間柄であればあるほど、甘えてしまいたくなる気持ちも出てくるでしょう。
ただし、特に両親からのお祝いは高額であるケースも多いです。
たとえば、結婚のお祝いの場合は、今後の生活の支援も含めて高額のお祝いを頂くこともあります。
お金という直接的な形でなくても、ドレス代を出してくれたり、高級家具を贈ってくれたりする場合が多いです。
出産のお祝いでも、万が一のことが起こったときのためとして、同じく高額な支援をしてくれる場合も多いでしょう。
両親や祖父母が内祝いを断るのは、そういった“新生活への支援”という意味が含まれているからです。

特にお互いが遠方に住んでいる場合、あまり普段はできない、日ごろの感謝を伝えるということも、内祝いを通して可能です。
もちろん、本当に内祝いはいらないと断られているのにしつこくする必要もありません。
ただし、食事をご馳走するなどくらいであれば、気持ちとして受け取ってもらえることも多いです。
あまり家族団らんの時間が取れないときには、特に有効的な内祝いだといえます。

また、出産の内祝いに、産まれた赤ちゃんを連れて遊びに行くということも1つの方法です。
両親にとっても、新しい家族の顔を見ることができるとして喜んでくれる人も大勢いるでしょう。
金額を気にすることなく、嬉しいことのお裾分けという、本来の意味合いをもって内祝いを贈ることが可能です。
それでもやはり何かしらの形は残したいという場合は、遊びに行く際に手土産などを持参するといいでしょう。
相手の好みに合わせたものを持っていくことができれば、なお良しです。

商品券などの金券類は、内祝いとしての意味合いで受け取られやすいので、有名ブランドのお取り寄せスイーツや保存が長くきくもの、消えものとされる食品、洗剤なども候補として考えておきましょう。
他にも、感謝の気持ちにメモリアルギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。
生まれた子供と同じ重さのお米のギフトや、子供の名前が刻まれたお酒のボトルなどの記念に残るものから、パッケージに名前が印刷された焼き菓子セットなどの「名入れ」ギフトなど気軽に贈れるものまであります。
訪問した際の手土産として渡すと大変喜ばれること間違いなしです。

年配の場合、贈りものの定番であるタオルなどはすでにたくさんもらっていることも多いです。
たとえば、カタログギフトなども、相手にある程度自由に選んでもらうこともできるので、ほんの気持ち程度のお返しとして伝えやすいといえます。

会社の人から内祝いを断られたらどうする?

会社の規定などで定められたものであれば、内祝いは必要ないことがほとんどです。
気になる場合や、心配な場合には、総務や経理に相談してみると間違いがないでしょう。
お祝いが、同僚や有志一同、グループなど個人的に頂いたものなら、お返しする場合がほとんどです。
連名であったとしても、それぞれに贈るのがマナーとされています。
たとえば、小分けにできる個包装のスイーツなど、消えものがやはり好まれる傾向にあります。
また、会社の人や取引先に贈る場合は、のしをつけることが最低限のマナーです。
血縁関係の間柄とはまた違った感覚なので、注意しましょう。

加えて、特に目上の人から内祝いを断られた場合には、その対処に悩む人も多いです。
会社の人は、今後もっとも長く付き合っていく他人の内の1人です。
上司に関していえば、なにかとお世話になることも少なくありません。
断られたとしても、社交辞令かどうかを判断しかねる相手だといえます。
まず、個人的に上司からお祝いを頂いた段階で内祝いを断られた際は、その心遣いに感謝した言葉を伝えましょう。
あえて内祝いを断られたことに対する直接的な言及は避けると、相手にも余計な気を遣わせずにスマートに済みます。

そのうえで、これまでの関係性と、これからのつながりを考えると、やはりお礼の気持ちとして何かを渡しておきたいと思うのはごく自然な発想です。
たとえば、結婚のお祝いをもらったら、新婚旅行のお土産を個別で渡すなどすれば、相手にも気持ちが伝わりやすいといえます。
もちろん、無理にしつこく渡す必要はありません。
また、内祝いには、頂いたお祝いと同額か、それ以上のものは贈らない方がいいとされています。
贈る場合は、半返しといって、半額程度か3分の1程度のものを贈るのがマナーです。
自分たちのできる範囲で贈ることができる品を選んで、日ごろの感謝の意味も込めて渡しましょう。
特に会社の人とは直接会う機会も多いです。
郵送などにはせず、手渡しで感謝の言葉とともに渡すことも、1つのマナーといえます。

社交辞令でお返し不要というケースもある

社交辞令をそのまま真に受けてしまうと、人間関係を悪化させてしまうケースがあります。
特に日本人は本音と建前を使い分けるとされています。
難しい塩梅ですが、いずれにせよ、ありがとうの気持ちを忘れないことがまずは大切です。
直接お祝いをもらった場合には、その場でしっかりとお礼を伝えることはもちろん、郵便などでお祝いが届いたら、すぐに電話や手紙などで感謝の旨を伝えましょう。
メールという手段もありますが、できれば直接お礼を伝えることができる電話が好ましいでしょう。
人づてにお祝いを頂くこともなきにしもあらずです。
その場合でも、しっかりと電話などで、手元に届いたことと、感謝の気持ちを伝えることが最優先です。
遅くとも翌日には連絡をするよう心掛けましょう。

そのうえで、相手との間柄を考慮することが重要です。
友人同士など、お言葉に甘えてもいい仲なのかどうかは、身内やパートナーとしっかり話し合う必要があります。
内祝いも無料ではありません。
特に、結婚祝いや出産祝いなどは予想以上に頂くものです。
1つ1つに丁寧に内祝いを贈っていては、自分の首を絞めてしまう場合もあります。
自分たちのスケジュールや予算感なども踏まえて、社交辞令かどうかを見極めることが大切です。

間柄が不明確な場合でかつ、社交辞令だったとしても内祝いを贈る場合、価格の安い消えものが妥当です。
たとえば、スキンケアアイテムやコーヒーなどが該当します。
贈る場合も、お返しはいらないという言葉が嬉しかったことを伝えましょう。
そのうえで、お祝いごとのお裾分けであることを伝えると、スムーズに受け取ってくれる場合がほとんどです。
遠方の人にやむを得ず郵送などする場合は、メッセージカードなどを添えて、その旨を伝えると、より丁寧です。

郵送する場合は、ギフト専門の通販サイトを利用してみましょう。
自宅にいながら注文することが出来るので、贈りものの選び方がわからない場合には参考になる上に、忙しい中でも気軽に手配することができます。
インターネットショップでは、ギフトランキング上位の人気カタログギフトをはじめ、和菓子や洋菓子などのスイーツから、ご当地グルメなど食べ物のギフト、おしゃれな食器や日本が誇るタオルブランド・今治タオルのギフトなど、さまざまな種類の品物を数多く取り揃えています。
注文した商品に合わせた紙袋を付けてくれるところや、送料無料のお得な商品もあるので、一度検討して見るのも良いでしょう。
名前入りや写真入りのオリジナルメッセージカードを作成してくれるところや、包装紙でのおしゃれなラッピングサービスなどのギフトサービスが充実しているところが多いです。
のしの書き方がわからなくても、用途に合わせたのしを用意してもらえるので安心して渡すことができるのでおすすめです。

スターバックス オリガミパーソナルドリップコーヒーギフト
1,080円(税込)

自身が内祝いを断る場合はどうする?

お返しを特に求めておらず、内祝いを逆に遠慮するケースももちろんあります。
たとえば、結婚や出産などは、当事者にとって慌ただしいものです。
結婚においては決めごとも多かったり、また、出産においては母親の体調が万全ではなかったりします。
その中で、わざわざ時間を割いて贈る人をリストアップし、商品を選び、それぞれに贈る手間を考えると、気を遣って内祝いを断るべきだと考えることも少なくありません。
ただし、不要なことを余計に強調してしまうと、かえって前述のように、社交辞令に捉えられてしまうこともしばしばあります。
できれば、感じよく断りの文句を伝えたいと思うのは一般的な発想です。

たとえば、お返し不要の旨を書いたメッセージカードなどを渡すと、やんわりと相手に伝えることができます。
ほかにも、出産の場合は、また自分のときがきたときに頂くと伝えると、納得してもらえることも多いです。
出産に限らず、お互い様である旨を伝えると、内祝い不要の旨が伝わりやすいです。
かつ相手に気をもませることもないので、有効的な手段といえるでしょう。

それでも、相手がどうしても内祝いを渡したいという場合も当然あり得ます。
その場合は、カタログギフトを所望すると相手に選ばせる手間がありません。
気にする点は金額面だけで済むので、相手への配慮が伝わりやすいです。
相手にとっては言いづらいことではあるので、こちらから伝えてあげると、よりスマートです。
その言葉がきっかけで、相手も内祝いをカタログギフトに統一することができれば、感謝されることはあれど、不快に思われることは少ないでしょう。

お返し不要といわれて内祝いを贈る際のポイント

お返し不要といわれたとしても、お祝いを頂いた以上、本当に何も内祝いを贈らないのは、気が利いているとはいえないでしょう。
消えものであれば、もらって嬉しくないということはほとんどありません。
もちろんお金が掛かることではあるので、無理やり贈ってはかえって失礼になることもあります。
ただし、自分にできる範囲で感謝の気持ちを伝えて、迷惑がる人も少ないといえます。
今後の関係を良好に築いていくためにも、何かしらの内祝いは贈った方が無難なことが多いです。

たとえば、300円や500円程度のお菓子やコーヒーなどの消えもののプチギフトを選ぶことも1つの手です。
半返しのマナーを重視することも大切ですが、そればかりを意識しても、本当に相手を思いやっているとはいえません。

金額設定は家庭や地域によっても相場が変動するものです。
半分の値段のものや、3分の1のもののみならず、4分の1の値段のものを選ぶ人も少なくありません。
結果的に相手が喜んでくれることがもっとも大切です。
内祝いには、気持ちを込めることを意識し、もらって嬉しいものを選びましょう。

その点から考えれば、手書きのメッセージカードや凝ったラッピングなどで感謝の気持ちを表現することも考えられます。
さまざまな種類のカードやラッピングを手に入れることができます。
凝った演出ができれば、その分相手にも時間を割いて選んだことが伝わり、より気持ちが大きく伝わります。
ただし、あまり凝り過ぎると、かえって相手に気を遣わせてしまうので、注意が必要です。
特に、相手との間柄を考慮したうえで、適度なラッピングなどで思いを伝えるのも頭に入れておきましょう。

また、お返し不要といわれたときでも内祝いを贈る際は、ある程度のマナーも重視しなくてはなりません。
たとえば、結婚内祝いの場合は結びきり、出産内祝いの場合は蝶結びといった、のしの水引の種類も適切なものを選びましょう。
贈るタイミングも重要です。
基本的には、内祝いはお祝いを頂いた1カ月以内に贈るのがマナーとされています。
出産内祝いの場合は、お宮参りの時期が目安とされています。
それを過ぎてしまうと、かえって失礼になるうえに、そもそもお返し不要と伝えている気持ちをくみ取っていないのかと思われることもあります。
産後で体調が優れず、渡すのが贈れてしまう場合は、お礼状や手紙で先にお礼を伝えるようにしましょう。
また、相手が弔事の場合、優先されるべきは相手の都合です。
四十九日後に贈るのが一般的とされています。
不要といわれている中で、さらに相手が弔事の場合は、特に慎重になる必要があります。
マナーを重んじることは相手への配慮をするという面でも非常に重要です。
相手に不快な思いをさせない配慮はなにかを、常に考えるようにしましょう。

他にも、タブーとされている内祝いの品があります。
例えば、ナイフやハサミなど鋭利な刃物は「縁切り」を連想させます。
縁起がよいものではありませんので注意が必要です。
また、別れを連想させるハンカチも、お祝い事には不向きだという考え方もあります。
法事でよく使われる緑茶や日本茶もタブーとされています。
お祝い事には適しているとはいえないので注意しましょう。
靴下、スリッパなどの履物は、足で踏みつけるイメージがあるのでこれらも内祝いには適さない品物です。
目上の人への内祝いでは失礼にあたることがあるので注意しましょう。

有精卵たっぷりバームクーヘン 1本
594円(税込)

内祝いを断られたら社交辞令かを見極めよう

忙しい育児の合間に内祝いの準備をさせてしまうことへの配慮として、内祝いを断る人も少なくありません。
内祝いを断られたら、まずは社交辞令かどうかを見極めることが大切です。
特にあまり濃い間柄ではない場合、本当に内祝いが不要な場合もあります。
内祝いはこれまでの関係性や、これからのつながりに感謝するものです。
お互いが気持ちのいい贈り方をすることが大切です。
間柄を考慮したうえで、内祝いを贈るかをしっかりと検討しましょう。