新着記事

タグ

カトージのハイローラックの特徴って何?使用するメリットやシーンとは
2019/11/11

赤ちゃんを迎える準備として、ハイローラックの購入を考えている人もいるでしょう。ハイローラックには赤ちゃんやママにとって嬉しい機能がたくさんあります。しかし、ハイローラックは多くのメーカーから販売されているため、どの商品を選ぶべきか迷ってしまいますよね。そこで、カトージのハイローラックの特徴を紹介します。

目次

カトージのハイローラックの特徴

カトージでは、ハイローラックも人気があります。
カトージのハイローラックの対象年齢は、新生児~体重18KGまでです。
赤ちゃんを迎えたその日から使いはじめることができます。
3歳になると、1つの場所に座っていることが難しい年齢になるので、ベビーチェアなどに買い替える人が多い傾向にあります。
そのため、必要とする時期まで十分に使えると考えていいでしょう。
カトージのハイローラックの特徴の1つが、テーブルの取り外しが簡単なことです。
ハイローラックは食事をするためにテーブルがついていることがほとんどですが、テーブルがついたままだと赤ちゃんを乗せ降ろしするのも一苦労。
乗せ降ろしのたびに簡単に取り外すことができれば、ママの負担も減りますよね。
そして、カトージのハイローラックは、安全面もしっかり考慮されています。
赤ちゃんの転落防止のために5点式ベルトになっているので、食事中にも安定感があります。
また、寝返りをしだすと少し目を離したすきに、ハイローラックから身を乗り出してしまうこともあります。
転落防止のベルトは安全対策のためにもとても重要です。
離乳食がはじまると、お皿を倒したり、食べ物をこぼしたりすることが日常茶飯事になります。
拭いても取れない汚れもあり、そのままだと衛生面も心配ですよね。
シートを簡単に取り外して丸洗いできれば、汚れてしまいがちなハイローラックも清潔に保つことができます。
カトージのハイローラックのもう1つの特徴が、スイング機能です。
心地よい揺れによって、赤ちゃんがいつの間にか眠りについてしまうことも。
赤ちゃんの寝かしつけに苦労するママも多いので、この機能はとても便利です。
赤ちゃんを泣き止ますためにも、適度な揺れは効果的だといわれています。
カトージのハイローラックには、赤ちゃんやママにとって嬉しい機能がたくさんあります。
赤ちゃんとの生活をイメージして、ご自身にあったハイローラックを選びましょう。

ハイローラックを利用するメリット

ハイローラックには便利な機能がたくさんありますが、「本当に必要なの?」「結局使わなかったっていうことにならない?」と購入を迷っている人もいるかもしれません。
そこで、ハイローラックを使うことで赤ちゃんやママにとってどんなメリットがあるかを説明します。
ハイローラックを使う1つ目のメリットは、いろいろな場所で使用できることです。
ハイローラックは、バウンサーやチェアなどさまざまな用途で使用できます。
1台で何役もこなすハイローラックを使えば、省スペースで済み、生活空間を圧迫しません。
赤ちゃんがのびのびと遊ぶ場所も確保できるでしょう。
2つ目のメリットは、移動が楽なことです。
ハイローラックにはキャスターがついている場合が多く、部屋の移動も簡単です。
ハイローラックならママのいる部屋に簡単に連れていくことができるので、ママも赤ちゃんも安心できるでしょう。
また、お子様が泣いてしまったときにスイング機能を使えば、赤ちゃんをすぐに抱っこできないときもあやすことができます。
3つ目のメリットは、高さが変えられることです。
ハイローラックであれば、食事のときはテーブルの高さに合わせ、遊びのときはママの目線の高さに合わせて調節することが可能です。
また、調節もワンタッチなので、使いたい場面に合わせてすぐに高さを変えられます。
毎日のことなので、ストレスなく使い続けられるのが大きな魅力です。
ハイローラックは、少しのスペースで大きな効果を発揮します。

ハイローラックを利用するシーン

赤ちゃんを迎え入れたときや成長の様子を思い浮かべて、ハイローラックが使いこなせるかどうかイメージしてみましょう。
まず、赤ちゃんと一緒におうちに戻ってきたときにベビーベッドやベビー布団に寝かせることになりますが、ここでもハイローラックは活躍します。
産院から持ち帰った荷物を片付けたり、赤ちゃんのための環境を整えたりするのに、移動式の赤ちゃんの居場所があれば便利です。
赤ちゃんだけではなく、ペットや兄弟が快適に過ごすためにも高さの調節できるハイローラックを使うと良いでしょう。
それだけではなく、高さがあるため床にあるホコリやダニなどからも守ってくれます。
次に、着替えやオムツ替えのシーンでもハイローラックが役立ちます。
ハイローラックの高さを調節することで、ママの身長に合わせた高さでお世話をすることが可能です。
毎回、ベビー布団の上でオムツ替えをすると、かがんだ状態になり腰に負担がかかります。
産後、腰痛に悩まされるママもいるので、ハイローラックを活用すると良いでしょう。
離乳食の時期になると、食事のときにハイローラックは便利です。
着脱式のテーブルを使うことで、赤ちゃんも食べやすくなります。
また、食べこぼしでシートが汚れてしまったときには、シートを外して洗えます。
そして、家事をするときもハイローラックが役立ちます。
家事をするときや身支度をするときなど、ベビーベッドの近くを離れなければならないこともあります。
そんなときも、いつでもママのそばに移動させることができるのです。
ハイローラックは、赤ちゃんとの生活のあらゆるシーンで活躍します。
ママやパパ、家族の生活シーンに合わせて購入を検討してみましょう。

一般的なハイローラックの使用期間

ハイローラックの対象年齢は新生児~48カ月未満となっていますが、赤ちゃんの様子に合わせて使用期間を見極めるケースが多いです。
どんな時期まで実際に使うことができるのかについて紹介します。
それは、「サイズが合わなくなるまで」です。
48カ月未満という対象年齢ですが、赤ちゃんによって大きさも異なります。
大きめの赤ちゃんであれば、対象年齢内であるにもかかわらず、窮屈になってしまうこともあるでしょう。
赤ちゃんによって個人差があり、対象年齢はあくまで目安です。
そのため、赤ちゃんの成長や様子を見て使用期間を判断する必要があります。
赤ちゃんが快適に使えるように見守っていきましょう。

ハイローラックの購入がおすすめな人

ハイローラックはママの負担を減らすのに役立つベビー用品です。
ハイローラックのスイング機能を使えば、赤ちゃんをあやしたり寝かしつけたりすることが可能です。
体への負担を減らすことで、ママも心と体を休めながら子育てを楽しめるでしょう。

カトージのハイローラックを使用してみよう!

育児は楽しいことや嬉しいことがたくさんありますが、大変なこともいっぱいあります。
ハイローラックは、そんなママの育児を助けてくれる心強い味方です。
カトージのハイローラックは、安全かつ高機能で先輩ママからの信頼もあります。
ハイローラックを育児に取り入れて、赤ちゃんもママも笑顔になれる子育てをしましょう。