スマートフォン版を見る

香典返し

感謝の気持ちを伝える

香典返し

koudengaeshi
お通夜や葬儀でご香典をいただいた方へ、感謝の気持ちをお返しをする「香典返し」。消えものとして定番のお菓子やタオル、人気のカタログギフトなど、お礼の気持ちが伝わる返礼品を多数ご用意。香典返しの品に添える挨拶状・お礼状、のしのサービスも無料でご利用いただけます。 

香典返しにおすすめのアイテム

タオル

香典返しの定番のタオルには、仏の世界へ白装束で旅立つという意味があります。今治タオルなどのブランドタオルを始め、目上の方にもおすすめの高級感のある木箱に入ったタオルなど、さまざまなタオルをご用意しております。

お菓子

香典返しで人気のお菓子ギフト。高級ブランドから和スイーツまで、贈る相手に合わせて選べるお菓子を多数ご用意。小分けができるお菓子は、職場や連名でいただいた場合におすすめです。

食品

後に残らない「消えもの」として定番の食べ物ギフト。長期保存が可能なフリーズドライやお吸い物、バラエティ豊かな海苔が味わえる詰め合わせなど、日持ちのする食品は香典返しにおすすめです。

お茶・コーヒー

お茶を飲んで故人を偲ぶという習慣から、香典のお返しとして定番のお茶の贈り物。定番は緑茶ですが、同じく消耗品であるコーヒーもお返しにおすすめです。

香典返しの無料ギフトサービス

香典返しのお品物に付けることができる無料のギフトサービスをご紹介。感謝の気持ちを伝える挨拶状、宗派や地域によって異なる掛け紙(のし)、香典返しのギフトにふさわしい包装紙など、マナーを押さえたギフトサービスをご用意しております。

香典返しのギモンを解決!

香典返しのマナー・よくあるご質問

香典返しとは

そもそも香典返しとは何ですか?

香典(こうでん)とは、故人の霊前に供える金品をいいます。通例、香典は、香典袋に入れて葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対して手渡します。香典返しはその時のお香典のお礼となります。関西地方では、「満中陰志」といいます。

香典返しの時期・相場

香典返しはいつまでに贈ればいいの?

忌明け後(四十九日後)が一般的です。一般的に忌明けを迎えたら、日常生活に戻るとされています。忌明け後、あいさつ状とともに香典返しを贈ります。

香典返しを贈る時期は四十九日後に贈るのが一般的とされています。近年では、なるべく早くお返しを済ませたいということで葬儀後や初七日の頃にお返しを贈る場合もございます。その場合は、挨拶状やのしには満中陰志ではなく、「志」や「御厚志御礼」などを用います。

なお、神式では三十日祭または五十日祭りの後、キリスト教では忌明けという観念はありませんが、日本では一か月目の召天祭に埋葬をすませた際、故人を記念する品を贈るケースが多くあります。

香典返しの相場は?

香典返しは一般的に、いただいた香典の3分の1~半額くらいの品を選んでお返しします。
一家の働き手が亡くなった場合は、香典の3分の1程度でよいとされています。一人一人に香典の半額の品を選ぶ必要はなく、いただいた金額に対して何段階かに分けて一律に同じ品を選ぶことが多くなっています。例えば、5,000円までの香典は2,000円の品を、10,000円までは5,000円というようにおよそ振り分ければよいでしょう。

また地域によっては、半返しが一般的な場合もあります。地域ごとのしきたりについて詳しく知りたい方はお問い合わせ下さい。

香典返しのマナー

お香典返しには何を贈ったらいいの?

香典返しの品としては日用品が無難とされています。最近はカタログギフトなどもよく使われます。会社や、グループなどから香典を頂いた場合は、皆で分けられるようなものを選び、たとえばコーヒーやお茶などにするのもよいでしょう。
感謝の気持ちを伝える

香典返し

koudengaeshi
お通夜や葬儀でご香典をいただいた方へ、感謝の気持ちをお返しをする「香典返し」。消えものとして定番のお菓子やタオル、人気のカタログギフトなど、お礼の気持ちが伝わる返礼品を多数ご用意。香典返しの品に添える挨拶状・お礼状、のしのサービスも無料でご利用いただけます。 

香典返しにおすすめのアイテム

タオル

香典返しの定番のタオルには、仏の世界へ白装束で旅立つという意味があります。今治タオルなどのブランドタオルを始め、目上の方にもおすすめの高級感のある木箱に入ったタオルなど、さまざまなタオルをご用意しております。

お菓子

香典返しで人気のお菓子ギフト。高級ブランドから和スイーツまで、贈る相手に合わせて選べるお菓子を多数ご用意。小分けができるお菓子は、職場や連名でいただいた場合におすすめです。

食品

後に残らない「消えもの」として定番の食べ物ギフト。長期保存が可能なフリーズドライやお吸い物、バラエティ豊かな海苔が味わえる詰め合わせなど、日持ちのする食品は香典返しにおすすめです。

お茶・コーヒー

お茶を飲んで故人を偲ぶという習慣から、香典のお返しとして定番のお茶の贈り物。定番は緑茶ですが、同じく消耗品であるコーヒーもお返しにおすすめです。

香典返しの無料ギフトサービス

香典返しのお品物に付けることができる無料のギフトサービスをご紹介。感謝の気持ちを伝える挨拶状、宗派や地域によって異なる掛け紙(のし)、香典返しのギフトにふさわしい包装紙など、マナーを押さえたギフトサービスをご用意しております。

香典返しのギモンを解決!

香典返しのマナー・よくあるご質問

香典返しとは

そもそも香典返しとは何ですか?

香典(こうでん)とは、故人の霊前に供える金品をいいます。通例、香典は、香典袋に入れて葬儀(通夜あるいは告別式)の際に遺族に対して手渡します。香典返しはその時のお香典のお礼となります。関西地方では、「満中陰志」といいます。

香典返しの時期・相場

香典返しはいつまでに贈ればいいの?

忌明け後(四十九日後)が一般的です。一般的に忌明けを迎えたら、日常生活に戻るとされています。忌明け後、あいさつ状とともに香典返しを贈ります。

香典返しを贈る時期は四十九日後に贈るのが一般的とされています。近年では、なるべく早くお返しを済ませたいということで葬儀後や初七日の頃にお返しを贈る場合もございます。その場合は、挨拶状やのしには満中陰志ではなく、「志」や「御厚志御礼」などを用います。

なお、神式では三十日祭または五十日祭りの後、キリスト教では忌明けという観念はありませんが、日本では一か月目の召天祭に埋葬をすませた際、故人を記念する品を贈るケースが多くあります。

香典返しの相場は?

香典返しは一般的に、いただいた香典の3分の1~半額くらいの品を選んでお返しします。
一家の働き手が亡くなった場合は、香典の3分の1程度でよいとされています。一人一人に香典の半額の品を選ぶ必要はなく、いただいた金額に対して何段階かに分けて一律に同じ品を選ぶことが多くなっています。例えば、5,000円までの香典は2,000円の品を、10,000円までは5,000円というようにおよそ振り分ければよいでしょう。

また地域によっては、半返しが一般的な場合もあります。地域ごとのしきたりについて詳しく知りたい方はお問い合わせ下さい。

香典返しのマナー

お香典返しには何を贈ったらいいの?

香典返しの品としては日用品が無難とされています。最近はカタログギフトなどもよく使われます。会社や、グループなどから香典を頂いた場合は、皆で分けられるようなものを選び、たとえばコーヒーやお茶などにするのもよいでしょう。